So-net無料ブログ作成
検索選択
いきもののこと ブログトップ
前の10件 | -

マチねこさん、ごきげんよう。 [いきもののこと]

昨夜は身構えていたほどの寝苦しさでもなく、拍子抜け~。
どうやら気温、あるいは室温と快適or不快はリンクしないようで、
久しぶりに目覚ましが鳴るまで一度も起きずに熟睡できました。
ここのところ、4時半とか5時とか5時半に起きちゃう日々が続いてたんだよな。。。
前の夜の過ごし方も多少は関係あるんだけどね。
くまひこさんの帰りを待ってる間にうたた寝してしまうと、
良い睡眠は得られないことが多い。
寝ないで待っていて、12時前には寝る。
さらにくまひこさんが外飲みしてこなければ、完璧な快眠が保証されるという法則。
それがなかなかねぇ。。。3つ揃うということは難しいからねぇ。。。平日の場合、特に。
だいたい、この前の日曜だって午後8時にライトダウンして「天地人」観てたら、
見事に20分ぐらいのところで寝てしまったし!
いっそ、太陽と共に寝たり起きたりしてみようか?
ムリだな。。。5時台に起きると一日中アタマが重いもんな。

さて、今日はケータイに撮りためていたマチねこの写真をまとめてアップしようかと。
まずはコチラ、今日の撮りたて。

2009062401.jpg

なかまち通り商店街の名物ネコ。メガネのパリーミキ付近に居ます。
かなりひとなつこいというか、したたかというか、
やたら通行人に愛嬌を振りまいてはおやつをゲットしてるせいでコロコロに太ってるんだよね。
今日も私が近づいていくなり「にゃあ~ん」と一鳴きして近寄ってきた。
おかげでこんなアップ写真になってしまいました。
「あ、このヒト何もくれないのね。。。」と思うやいなや、

2009062402.jpg

背中を向けて毛づくろいですわ~。
お近づきになれるか否かはあくまでもネコに委ねられております。
イヌのけなげさとは真逆の「いけず」なところ。。。ああ、素敵だぁ~。

コチラは東仲町商店街のネコ。

2009062403.jpg

薬局とラーメン屋さんの間にあるお宅の飼いネコちゃんなのですが、
いつも玄関を少しだけ開けてもらってて、自由を満喫しているようです。
このネコに会うと、学生時代に住んでたアパートに遊びにきてたクロネコを思い出す。
勝手に「ヤマト」と名づけて(クロネコだから。。。という単純な理由)、
部屋に上げて、たまにおやつをあげて、外に出たそうにしてる時は出してあげて。
一度だけお泊りした日を最後に姿を消してしまったんだよな。
「相棒」というにはあまりにも淡淡とした間柄だったな。。。

続いてコチラ、うらもん通りのネコ。

2009062404.jpg

このネコも人に慣れていて、近づいても逃げません。
とはいえ、警戒心を抱かれないように少しずつジリジリと寄っていくワケですが。。。
適度な人の往来を感じながら昼寝するのはどんな心地なんだろ?
TV観ながらうたた寝しちゃうような感じなのかな?

コチラは、とある住宅街の駐車場に居たネコ。

2009062405.jpg

アタマから背中、おしりにかけての丸い感じは、まるで信夫山(しのぶやま)のよう。
あ、信夫山って、
フクシマの市街地の真ん中にぽっかり浮かんでる島みたいな低い山なんですけど。。。
ネコの横シルエットはつくづく美しい。
こうして手をすっぽりと胸元に収めるポーズはアルパカもやるよね~。

最後に。。。コチラも住宅街で撮った写真ですが。。。

2009062406.jpg

かなり離れていたけれど、まるで絵の一部のように佇む姿に吸い寄せられ。
窓ネコ、大好き。
マリオもよく窓辺でハハの帰りを待ってたっけ。。。
逝ってから2度目の夏だなぁ。。。


と、いまだにどんなネコを見てもマリオを重ねてしまう情けなさに苦笑い。

2009062407.jpg

くまひこさんのケータイの待ち受けはコレです。
うーん、いつ見てもオトコマエ。。。





「路地裏の猫 ひんやりと夢のなか」





ハイ、今日もお粗末サマでした~。



nice!(1)  コメント(2) 

ズーラシア早送り探検記。 [いきもののこと]

今夜も空のごきげんは麗しくないようで、
ウラワは19時半ぐらいからカミナリが鳴りっぱなしです。
昨日は22時ぐらいにもダダーッと降ったんですよね。
ちょうどくまひこさんの帰宅と重なり。。。バスでのお帰りとなりました。
今日も、またひと降りするのかしら?
この不安定な状態、いつまで続くんだろ??
梅雨だから晴れはさほど期待しないけれど、カミナリはヤだなぁ~。
不思議なもので、トシと共に怖く感じるようになってる。
怖いモノがなくなっていくのかと思いきや、逆に増えてってますね。

その一方で、どんどん好きになってくモノもあって。
例えば、動物。
ムシのたぐいはダメになっていってるんですけどね、
動物園や牧場は1ヶ月も行かないと禁断症状が出ます。
ということで、
先月のゴールデンウィーク中に行ったヨコハマの「ズーラシア」について記したいと思います。
記憶をたどりながらなので、かなりザックリした報告になること必至ですが!

「ズーラシア」は、今年開園10周年を迎える動物園。
ヨコハマの中心地からみて北西の丘陵にあります。
動物園に行くのは昨年秋の多摩動物公園(トウキョウ)以来。
パンダが暮らしている和歌山のアドベンチャーワールドは除きますが。。。
「首都圏のめぼしい動物スポットを巡ること」は休日の主要テーマでありまして!
ウラワからはJRで渋谷まで出て東横線に乗り換え、「菊名」で再びJRに乗り換え。。。
日産スタジアム(=横浜国際競技場)へ行くルートと一緒ですね。
その最寄駅「小机(こづくえ)」のおとなり「中山」で下車しました。
所要時間は1時間半ってところでしょうか?
中山駅からはズーラシア直行のシャトルバスを利用。
料金は。。。モウシワケありません、失念しました。
何もなければ15分~30分程度の乗車時間が、この日は1時間かかってしまい。
途中、故障した先発のバスが立ち往生していて車線が1つになってたんですね~。
我々は座っていたからいいものの、立っている方や小さなお子さんなどは気の毒でした。

ここで1つ、お得情報。
中山駅の「NEWDAYS」で、通常おとな600円の入園券が480円の割引価格で販売されています。
そのままは入場できず、入園ゲートで引き換えという手間が発生しますが、
2割引はウレシイですよね~。

なんだかんだで現地に到着したのは正午近くになっていたかな?
そもそもウラワを出たのは9時半ごろとゆったりめだったんで、
広い園内を周りきれるか一抹の不安がありました。
2009052801.JPG2009052802.JPG
左:鮮やかなお花に彩られた入園ゲート前の広場。
右:最初に現れるのは「アジアの熱帯林」。気候区分をもとにした7つのゾーンがあります。
2009052803.JPG2009052804.JPG
左:実際に動物が生息している環境に忠実な植生に加え、こうした民具で臨場感を演出。
右:森の賢者・オランウータン。なんか、わかりあえそうな気がする。。。
2009052805.JPG
多摩動物公園でその美しさにハマってしまったマレーバク。
2009052806.JPG2009052807.JPG
左:木陰でまどろむスマトラトラ。来年の干支ですね。
右:ライオンというとアフリカのイメージですが。。。コチラはインドライオン。
2009052808.JPG2009052809.JPG
左:「亜寒帯の森」ゾーンのゴールデンターキン。ズーラシア唯一のウシ科だそうです。
右:レッサーパンダはどこへ行っても大人気。そして、動きが早くてカメラマン泣かせ。
2009052810.JPG2009052811.JPG
左:ヨコハマという土地柄なのか、文字ではなく絵で表したシンプルなサイン。
右:やたらリアルなシャケのレプリカ。。。
2009052812.JPG
フンボルトペンギン。吹き出しをつけたくなっちゃう1コマ。
2009052813.JPG2009052814.JPG
左:「アラースの谷」という広場。水辺にはベンチが配され、休憩することができます。
右:ホッキョクグマ。まるで野生の状態を遠めに見ているような感覚でした。
2009052815.JPG2009052816.JPG
左:笑いかけてくれたシロフクロウ。カッコイイ~。
右:10周年のバナーにはゾウが描かれていました。
2009052817.JPG
「オセアニアの草原」ゾーンにて。まあ、鉄板ですね。。。カンガルーのくつろぎポーズ。
2009052818.JPG2009052819.JPG
左:セスジキノボリカンガルーっていうそうです。顔が見られなくて残念。
右:「日本の山里」ゾーン、ツキノワグマ。クマも年々好きになってますねぇ~。
2009052820.JPG2009052821.JPG
左:「アマゾンの密林ゾーン」にある、「わくわく広場」。ものすごいこども密度でした。
右:こういったボードがあちこちに立っていました。いちいちオシャレで品がいい感じです。
2009052822.JPG
ズーラシアといえば、コレ。珍獣「オカピ」です。
入園ゲートから最も遠い、「アフリカの熱帯雨林」に暮らしています。
発見されたのは20世紀に入ってから。。。シマウマのような、キリンのような?
上野動物園の西園で会ったことはあったのですが、
今回改めてその美しさ、そして優しい表情に魅せられました。
2009052823.JPG2009052824.JPG
左:気になるTシャツを着た少年。崎陽軒のオフィシャル商品なのかなぁ。
右:退園ゲートに向う途中にある「ころころ広場」。お弁当広げるならココがいいかも。
2009052825.JPG2009052826.JPG
左:おみやげ。左の「動物のり」は357円、右の「オカピのおつまみ」は229円とお手頃です。
右:ふわふわした手ざわりに癒されるオカピの親子ぬいぐるみ、2100円。今年の新商品みたい。

と言った感じで、なんとか4時間半ですべて周ることができました。
ごはん処は2箇所あったけど、「大混雑」と聞いていたので持参してたんですよね。
ベンチはあちこちにあるし、屋根ありの無料休憩所もあるし、
お天気さえ良ければその方がキモチよく過ごせるのではないかと。。。
新しいせいか、トイレなんかもキレイだったし何かと行き届いてる気がしました。
動物の数はそれほど多くなかったし(あくまで個人的な印象、実際は多いのかも?)、
我が家の大好きなふれあい可能なエリアもなかったけれど、
敷地に余裕があり、生息環境の再現がなされてるため動物たちはいきいきして見えた。
高倍率ズームのカメラか、もしくは双眼鏡を持参されるといいと思います。
自然の中で、動物を探しているような気分になれるハズ。
サイタマにはないオシャレな雰囲気が随所に漂っていたのも印象的でしたね~。
そうそう、オカピ展示エリアの奥に「チンパンジーの森」が新規オープンしてたっけ。
園内を巡るバスはないので自力で歩くことになりますが、
アップダウンはそれほどキツくないから大丈夫。
とはいえ、ヒールやミュールだとしんどいかも。スニーカーをオススメいたします。

ああ。。。写真みてたらムショーに動物に会いたくなってきた。。。
近場というと圧倒的に上野動物園なんですけどね。
ウラワから20分弱、近すぎて「いつでも行ける!」と思っちゃって。
中国からパンダを借り受ける話も、いつの間にかオリンピック招致に上書きされたしなぁ。
いや、特にオリンピックに反対ってワケでもなく、
むしろ何の競技でもいいから観たい気もするんだけど。
nice!(0)  コメント(0) 

ある日の多摩動物公園にて。 [いきもののこと]

すっかり出遅れてしまいました。。。12月に入りましたねぇ。
出費のかさむ年末にずいぶんと羽振りがいいね~と言われそうですが、
一昨日・昨日と1泊で那須塩原エリアにおでかけしておりました。
美味しい空気に食べ物、そして良いお湯(=温泉)で命の洗濯です。
土~日ではなくて日~月、
紅葉シーズンとウインタースポーツシーズンの狭間ということもあり、
訪れる場所はどこもゆったりのんびり。。。道も空いていて、快適なプチ旅でした。
旅行記をアップするにはパワーを要するので、しばしお時間くださいませね。

実は、10月以降に撮影した画像がPCに溜まったままになっています。
うすうすは気づいてたんだけど、なかなかCDに焼く機会がなくて!
って、だいたいその作業はくまひこさんにやってもらっているのですが。
月が改まったので整理してみたところ、CD5枚分にも及んでいました。
どうりで最近、PCの動きが鈍いワケだ。。。そろそろ何とかしないと。。。
でも、CDに焼いてPC上から消してしまうと、
後になってブログ用に加工したりするのが面倒なんだよなぁ。
というワケで、先月訪れた多摩動物公園での写真をアップすることにしました。

かねてから行きたいと思っていた「タマズー」こと多摩動物公園。
高尾山へのルート同様、浦和から南浦和まで京浜東北線、
南浦和から府中本町まで武蔵野線、武蔵野線から分倍河原まで南武線、
分倍河原から多摩動物公園まで京王線と乗り継ぎました。
1時間半ぐらいかかったかな?
かなり面倒くさそうですが、新宿を経由するより若干お安いんですよ~。
加えて、くまひこさんの通勤定期が途中まで使えるのでお得なんですね!
ただ1つ注意点が。。。東京競馬場で重賞レースがある場合、
府中本町駅がものすごく混雑します。元日の明治神宮状態です。
ウチが行った時は天皇賞と重なってしまい、帰りが大変でした。

今回のお目当ては、コレ。
2008120203.JPG2008120204.JPG
カンガルーやコアラと同じ有袋類、オーストラリアに棲息するウォンバットです。
そうそうあちこちの動物園で観られるものではないようで。。。
タマズーには1頭しかいなかったけれど、
初めて間近で見るウォンバットにくまひこさんも私も大興奮。
カピバラ・アルパカと並ぶ脱力系動物としてブレイク間違いなし!
このほぼ球体の体と地味な色、そして眠たげな目がたまりません。
思ったより大きいな~というのが率直な感想。1m近くはあったと思う。
もっと活発に動いてくれればなおよし、といった感じでした。

有袋類といえば、コレ。
2008120201.JPG
初めて見ましたよ。。。仰向けに寝るカンガルー。
足を揃えて横に投げ出して、上半身は起こし気味ってのが定番ですけどね。
しばらく観察していましたが、彼はずう~っとこのポーズのままでした。
あ、仰向けといえば、コレ。
2008120210.JPG
シマウマの仰向けも初めてでした。ほほ~っ、こんなおなかをしているんだねぇ。

そしてタマズー名物といえば、コレ。
2008120205.JPG
オランウータンの空中散歩です。赤ちゃん連れでした。
森の奥の「飛び地」からロープづたいに園内の展示エリアにやってくるのですが、
なかなか進まなかったり落ちそうになったり。。。
ギャラリーから歓声や拍手があがっていましたねぇ。
おサルさんにはあまり興味がないのに、ついつい見入ってしまった!

見入ったといえば、コレ。
2008120206.JPG2008120207.JPG
2008120208.JPG2008120209.JPG
タマズーのレッサーパンダたちは、すごく元気でした。
ちょっと遠めではありますが、傾斜がついているので動きが見やすいのです。
この2頭は仲がいいのか悪いのか、長いこと組み合っていました。
赤ちゃんもいたんだけど、「立ち止まらないでください」と言われたので写真は撮れず。
ぼわぼわしてて、まんまるで、すごく可愛かったですよ~。

赤ちゃんといえば、コレ。
2008120212.JPG
春に生まれたチータ。
もう赤ちゃんというには大きくなりすぎてますが、その名残はありました。
いつの間に公開してたんだろ。。。
今年は赤ちゃんライオンを抱っこすることができたので、
来年はぜひコロコロの赤ちゃんチータが見たいものです。
神経質らしいから、抱っこは難しいだろうなぁ。

タマズーは今年で開園50周年だそうですが、
昔を偲ばせるような建物が園内のあちこちに残っていました。
例えばアジアゾウのエリアや、ライオンのエリア。
私が特に気に入ったのはキリンのエリアで。。。
2008120211.JPG
建物は写っていないけど、
絵本に出てきそうな三角屋根の小さい建物がいくつかあったんですよね~。
行動展示が取り入れられるようになったのはここ十年ぐらい?
でもタマズーの場合、一見オーソドックスな展示法にみえるところでも、
意外に迫力が感じられたり見やすかったりしたのが印象的でした。

一方で、新たに整備された最新式(?)のエリアもあって!
入り口に近い「アジアの水辺ゾーン」なのですが、ココはなかなかでした。
おかげで、これまでピンと来なかったこんな動物にハマってしまいました。。。
2008120214.JPG2008120215.JPG
マレーバクです。ぬいぐるみまで買い求めてしまいました。
パンダにも似たそのツートーン模様、ゆるやかに弧を描く背中。
泳ぐ様子なんかも見られて。。。かなりオススメです。
マレーバク見るならタマズー。しかと記憶に留めました。

もう1つ。。。忘れられないのがコレ。
2008120213.JPG
ヒグマなんですけどね。ヒト入ってるっぽいですよね~。
このまま10分ぐらい動かなくて。。。時々目線だけ変わったりするのですが、
何か言いたげというか、何とも切ない表情をするんです。
思えば、クマを観察する楽しさに目覚めたのは上野動物園。
パンダとも共通する部分もありますし、
なんてったってくまひこさんと暮らしていますから、他人とは思えない。
ちなみに、くまひこさんはヒグマというよりマレーグマっぽいですけどね。

2008120202.JPG
そんなタマズーでありましたが、
私は2歳ぐらいの時に行ったことがあったそうです。
後からハハに聞いて、ビックリしました。
アジアゾウと対峙した時に自然と涙が出てきたんですよね。。。
彼は当時から飼われている日本で最長寿のアジアゾウ。
「ああ、初対面じゃなかったんだ。。。」といたく感じ入りました。
都内とは思えないほど空気がキレイで緑も濃かったし、
混んでたわりにマナーの良いお客さんが多かったし、
また違う季節に再訪してみたいな~と思いました。
あっ、食事処はそれほど席数が多くないので、
ランチは作るか買うかして持参されることをオススメします。
レジャーシートもお忘れなく!
多摩動物公園駅付近にはコンビニがないことも書き添えておきます。
nice!(0)  コメント(0) 

ある日のマザー牧場にて(お得情報つき)。 [いきもののこと]

これまでなんとなく先延ばしにしてきてたけど、
いよいよクルマにETCを付けるキッカケが巡ってきたのかな?
土日祝日の高速道路料金が距離に関わらず一律1000円になるらしいですね。
おこづかいらしきものもいただけるとか?それをETC代に充てるとしようかなぁ。
帰省だけを考えても絶対にお得だって。
ウラワからモリオカまでETC非装着車で10000円ちょい。
それが10分の1って。。。多少カラダがしんどくても、絶対クルマで帰るでしょ!
早期に実施してほしいもんですな、
一律1000円になったおかげで道路や観光地や混んでも、
クルマが増えて二酸化炭素が余計に撒き散らされることになっても、
たとえ3年後に消費税率が上がったとしても??

ヤバい。無邪気に喜んでる場合じゃなかった!

まあ、ETCはクルマを買い換える時に。。。と思ってたけど、
もうちょっと乗ってみることにしたからなぁ。
やっぱりこの機会にETCを付けよう!
未装着車はだいぶ少数派になってきてるし~。
ウチのクルマ、1走行距離がまもなく10万キロに達するところで。
この週末の3連休中に大台に乗るかな?
って、クルマで遠出する予定は今のところないんですけど。
そういや、今日はなんとなく金曜日のような気分だったなぁ。。。
ガッツリ書こうにもアタマが働かないので、
久しぶりにどうぶつたちの写真でも載せようと思います。
お蔵入り寸前、先月に行った千葉「マザー牧場」でのショットです。

■ヨコワケくんとオカッパくん
2008103001.JPG2008103002.JPG
どちらもアルパカです。
夏場は前髪を切ってあげてるらしい。私もやりたい~。

■パンダ牛さん
2008103007.JPG
品種。。。聞いたのにすっかり忘れてしまいました。
もっと近くで撮りたかった~。

■笑うヒツジさん
2008103003.JPG2008103004.JPG
思えば今年はヒツジの魅力を再認識した年でした。
彼らは「コリデール」という品種。コレが一番かわいいと思います。

■勇敢なひとびと
2008103006.JPG2008103005.JPG
わざわざお金を出してまでこんな目に遭いたいなんて。。。
どちらかを選ぶなら、私は牧草を食べます。

■牛舎の居候たち
2008103008.JPG2008103009.JPG
ホルスタイン柄のわんこと、あまりにも無防備なにゃんこ。
どちらもかなり人慣れしていて、触っても怒りませんでした。

お気に入り作品その1
2008103010.JPG
ヤギ界のエビちゃんandもえちゃん?
顔の寄せ加減がモデルさんのような、キュートな2頭でした。

■お気に入り作品その2
2008103011.JPG
なぜかアニメ「母をたずねて三千里」の主題歌を思い出し、じわ~っときました。
そういえば、「那須どうぶつ王国」のモカちゃんは元気だろうか?

といった感じで、初秋の1日を満喫いたしました。
快適だったのは平日だったせいなのかな??
「マザー牧場」でぜひオススメしたいのが、
トラクタートレインに揺られながら広大な農場を回る「ファームツアー」。
所要時間は1時間弱、1200円の別料金がかかりますが、
これに参加するのとしないのとでは満足感がだいぶ違ったと思われます。
あくまで、ウチの場合ですけど~。
なんてったって風景が素晴らしいし、
乗り物を降りてどうぶつたちにエサをあげたり触れたりすることもできるし、
牧用犬も扱えるガイドのおねえさんの名調子も楽しいし!
入場料とファームツアーのセット券2200円なら、別々に買うより500円お得です。
そして、なんと!11月14日は「埼玉県民の日」ということで、
11月10日から16日までの1週間は大人の入場料が20%オフ。
4歳から小学生までのお子様は無料になるのだそうです。
「マザー牧場」があるのは千葉県だけど、埼玉県民もウェルカムしてくれるらしい。
おいおい、ウチもまた行きたくなっちゃうよ~。
さほど離れていないところに湧き水スポットも見つけたし!
あっ、おみやげはですね。。。
2008103012.JPG2008103013.JPG
左:「マザー牧場」オリジナルのクッキーと豆乳ドーナッツ。
クッキーは種類多し。ドーナッツは閉園近くになると半額になります!
右:牧草栽培キット+ヒツジマスコット製作キット。。。まだ着手できず。
セットで1000円ぐらいだったかな?かなり衝動的に買ってしまいました。

一方、コチラは帰りの市原SA(館山道)で購入した千葉県の物産。
2008103014.JPG
ピーナッツバターに落花生、味付けされた乾燥しじみ、そしてビワの入浴剤。
ピーナッツバターは主にトーストに付けて。
落花生は一瞬で完食しちゃいました。やっぱり国産はほっくりしてて美味しいわ。
乾燥しじみはそのままごはんに炊き込んだりして楽しみました。
入浴剤はおとなりのキョーコさんに半分おすそわけ。ウチはまだ未使用です。
実は千葉というと浦安とか舞浜とか幕張ぐらいしか行ったことがなかったのですが、
その先は思った以上に近く、そして良いところだな~と。。。
海も山もあるし、気候もいいしね。
次は鴨川の方まで。。。と思っていますが、「マザー牧場」もやっぱり行きたい!
1泊して、ハシゴするっていうのがいいのかもしれません。
しかも菜の花&こひつじシーズンを狙って、ですね。

でも。。。話が戻っちゃうけど、高速代1000円になったら激混みなんだろうなぁ。
お得さと快適さを秤にかけるなら、どうぶつスポットに関しては後者を選びますね。
そんなこと言ってるから、なかなか蓄財できずにいるのでございます。
言い換えれば、トウキョウ周辺で快適に遊ぶにはお金がかかる、と。
「那須どうぶつ王国」ぐらいの人口密度が理想的なんだよな~。
モカちゃん、今年は1回しか行けなくてゴメンね。
元気に冬を越してちょうだいね!
(注・モカちゃんとは、私が命名した茶色のアルパカの女の子。超キュートです!)
nice!(0)  コメント(0) 

9月23日、上野動物園で。 [いきもののこと]

今月は毎週金曜ずっと詩吟の練習に出かけていました。
いつもだと隔週なのですが、来月に舞台出演することになりまして!
6月は豊島区公会堂、今回は調布グリーンホールだそうです。
またもやソロではなくて20名による合吟(ゴウギン)なので気は楽ですが、
集まって練習する機会が少ないため、ガラにもなく予習・復習なぞしております。
しかし、今月1回めの練習の時からだいぶ季節も移ろって参りましたねぇ。
服装は半袖から長袖に、日が暮れるのも早くなり。。。
お彼岸、過ぎましたからねぇ。

ところで、先週20日から今日までは「動物愛護週間」。
全国各地で動物に関するイベントが行われていたようですが、
ちょうど秋のお彼岸とかぶるためか慰霊祭などを行うところも多いようで。
思えば去年の9月23日=マリオフクシマの実家のネコです)の納骨をした日は、
午後からそのお寺で動物慰霊祭があってハハが出席したんだよな。
音楽の生演奏や、天国に旅立ったペットへのお手紙朗読なんかもあり、
なかなか立派なイベントだったとか。。。
慰霊塔の下に納めたマリオの真っ白な骨のことなどを思い出しながら、
今年の9月23日は上野動物園で行われた動物慰霊祭に参列してきました。
なんてったって、ウラワから上野までは乗り換えなしで20分弱。
その日に思い立って行けちゃう距離でございます。
出足は遅く、現地には12時半に到着。
晴天の休日ということで動物園は大賑わいでした。
2008092601.JPG2008092602.JPG
左:ランダムに発券される入園券、ウチにとっては両方「当たり」!
右:今はレッサーパンダが展示されているパンダ舎の通路には、
上野動物園におけるパンダ飼育36年の歴史が掲示されていました。
2008092603.JPG2008092604.JPG
左:慰霊祭は東園のゾウ舎近くの慰霊碑周辺で13時半から行われました。
右:今回、特に名前を挙げて供養される長寿動物はこの3頭。。。
4月末に亡くなったパンダのリンリン(享年22歳)も含まれています。
2008092605.JPG2008092606.JPG
左:最初に園長さんがご挨拶。
右:続いて、リンリンの飼育担当だった方が弔辞を読み上げました。
中国語も交えてでしたが、リンリンはいったい何語が一番わかったんだろう?
2008092607.JPG2008092608.JPG
左:園内で暮らす動物を代表して、まずラマさん(毛刈済み)が献花。
右:続いてフクロウさんが献花。3番目はトカゲさんでした。
2008092609.JPG2008092610.JPG
左:さらに職員さんたちが献花。
右:最後に一般の参列者が献花を行いました。2~300人の長い列。
その中にパンダ研究所の所長さんの姿を発見するも、声かけそびれちゃった。
「リンリン、先に天国に行ったマリオとは会いましたか?仲良く遊んであげてね。」
慰霊碑に手を合わせながらココロの中で語りかけたのは、そんな身勝手な言葉でした。
2008092611.JPG2008092612.JPG
左:記念にリンリンのポストカードをいただきました。
くまひこさんと私、ちょうど違う種類のでした。
片方は美味しそうに竹を頬ばる姿。
もう片方は、手を止めて「すいぃ~」っと風のにおいでもかいでるような姿。
どちらも「ああ、リンリンだぁ」というようなステキな写真
右:慰霊祭を取材していた女性カメラマンさんのカバンに、
浦和レッズのユニフォームキーホルダー(坪井選手バージョン)を発見!
レンズにもレッズステッカーを貼ってて。。。
かなりコアなサポーターとお見受けしました。
24日はお休み取って埼スタにいらしてたんだろうなぁ。
2008092613.JPG2008092614.JPG
左:30分ほどで慰霊祭が終わり、園内を歩いているうちに小腹が空き、
絶対に外せないメニューのある「バードソング」へ。
「抜けるような青空」とはこんな空のことを言うのでしょうね。
右:はい、「外せないメニュー」とは。。。「パンダだんご」のことです。
パンダのおやつとして開発されたものをヒト向けにアレンジしたもので、
4個入りで250円・レシピカード付き。
味は極めて素朴。。。いや、ほとんどないと言ってもいいでしょう!
味がなくても、パンダがいなくなっても食べたい。それが「パンダだんご」。
2008092615.JPG2008092616.JPG
左:そう、いなくなってもパンダは人気者です。
大きなぬいぐるみと写真を撮るために列ができていました。
右:入園ゲート近くにあったゾウさんのオブジェ。
東京芸大の学生さんの手による「お神輿」なのだそうです。カッコ良かった~。
2008092617.JPG2008092618.JPG
左:西園まで足を伸ばすのは断念して、動物園を午後4時ごろに出ました。
公園内の野球場の名前が「正岡子規球場」だったなんて、初めて知りました!
baseballを「野球」と翻訳したっていうのは聞いたことがありましたが。。。
右:上野の森美術館の屋根で寝入ってるネコちゃん。
上野に暮らしていったい何代目になるのでしょうね~。

ということで、今回はリンリンの追悼が目的で訪れた上野動物園。
お気に入りの西園まで行くには、
遅くても10時にはウチを出ないと時間が足りません。
パンダがいなくなっても十分に楽しい?
いや、やっぱり寂しい。。。
貸与については都議会で先送りになったらしいですね。
総理大臣も代わってしまったし、
パンダ舎に賑わいが戻ってくるのは当分先のことかもしれません。
以下、オマケです。上野動物園で撮ってきた写真をいくつか。。。

■テーマ「なかよし」
2008092625.JPG2008092623.JPG
左:カピバラの親子、右:プレーリードッグの親子。
2008092624.JPG2008092626.JPG
左:アシカの親子、右:ライオンのきょうだい。

■テーマ「あくび」
2008092619.JPG2008092620.JPG
左:ホッキョクグマ、右:マレーバク。

■テーマ「ヒト入ってます?」
2008092621.JPG2008092622.JPG
ツキノワグマです。あえて何も言いますまい。。。

最後に、かなり気に入った1枚。
ガラス越しだったのですが、ソフトフォーカス効果が出たみたい。
とても美しいライオンでした。くっきりカールしたまつ毛が印象的!
2008092627.JPG
故郷のアフリカを知ってるのか、それとも知らないのか?
動物園で暮らす動物って、時折ふっと切ない表情をするような。。。
ヒトの勝手な妄想かな?
nice!(0)  コメント(0) 

のこみち、その後。 [いきもののこと]

いやぁ~、時差の少ないオリンピックっていいですねぇ。
働いていらっしゃる皆さんにはホントにモウシワケないのですが、
朝・昼・晩とフルに楽しませていただいています。
そのわりには北島選手のレースはなぜか記憶がなく、
気づいたら目を潤ませた北島選手が「なんも言えねぇ。。。」と絶句してたのですが。
前のレースは覚えてるんですよ~、
どうやら数分間だけ寝てしまってたらしいです。。。
その事実、最初はくまひこさんに隠してたけど良心の呵責に耐えかねて告白したら、
「あらら~、ゼイタクなことしちゃったね。。。」と呆れられました。
反省して、今日の体操男子団体はしっかり見届けた!
今回は金メダルを中国に譲ったけど、
次は取り返せるのでは?という期待も残しての銀メダルでしたね~。

「ぎん」と入力して変換したら、「吟」が先に出て笑っちゃったんですけど。。。
「吟メダル」って、なんなんでしょうね。。。

マニアというほどではないけれど、オリンピックは好きですねぇ。
特に今回はテレビを買い換えた直後ということで、
これまで以上に迫力や美しさに見入ってしまって。。。
もちろん「頑張れニッポン」というキモチもありますが、
「スゴいヒトが見たい」「ナイスキャラを発見したい」という興味もありまして。
自分が運動はまったくダメな人間なので、
誰を見ても無条件に尊敬。。。いや、崇拝してしまうんですよねぇ。
で、同じ生き物なのかしらね?って思っちゃう。
あれですよ。。。チーターの全力疾走とか、
ペンギンの水中での高速泳ぎとか、そういうのを見た時のキモチと同じ。
連続してメダルを獲得したヒトなんかは、ヒトを通り越して「神」ですね~、
分析不能な美しさがあります。
特に4年間キモチを切らすことなく、技を磨き、カラダを作り上げてきて、
あの大舞台でその成果を出せるというのは!
悲観論者のワタクシも、
「ああ、ヒトって捨てたもんじゃないわ」と毎日しみじみ感じ入っている次第です。

ちなみに。
今回のオリンピックでの個人的注目キャラは、体操男子の沖口選手です。
なんか、ニコニコしてるの。表彰式でも台の上でキョロキョロしたりして。
チームの中でもムードメーカーになってるんじゃないかなぁ。
種目別の「ゆか」に出場するらしいので、見逃さないようにしないと!
体操の表彰式っていえば、
エスコート役の長身美女と選手たちの身長差が微笑ましかったですね。
開会式でも思ったけど、
容姿端麗な女性がよくあんなにたくさん集まりましたよねぇ。。。
東京でオリンピックやったらどうなる?って、余計な心配ですよね~都知事さん。

そんな中、軍事侵攻があったりテロが起こったりいてガッカリもしています。
せめてオリンピック期間中ぐらいはやめてくれないかな?
「ヒトって愚かしい。。。」なんて思いたくない。
そんなふうに感じるのも、
8月という月が日本にとっては特別な、慰霊の月だからかもしれません。
広島長崎に原爆が投下され、第2次世界大戦に終止符が打たれた月。
家族が集まって先祖の霊と過ごす「お盆」という風習。
23年前の今日に起きた日航機墜落事故。
私にとっては、18日が実家のネコ=マリオ(享年17歳)の一周忌にあたります。
あと、父方の祖父の命日が19日。
そして昨日、6月25日にウチの近所で拾って飼育していた「のこみち」が。。。
2008081201.JPG
昼間はだいたい土に潜っているのに、昨日はずっと出てたんですよね。
試しに与えたガムシロップを水で薄めたやつに顔つっこんで、
すごく元気そうにしていたから久々に写真を撮ったりしてたのですが、
帰宅したくまひこさんが見た時にはおなかを上に向けて動かなくなっちゃってて。
天寿なのか?それともガムシロップがまずかったのか?
ダラダラ飼い続けずに、こうなる前にどこかに放してくればよかったのでは?
野生動物は飼っちゃいけないんだ。。。
保護して、元気になったら自然に帰してあげないと。。。
短命な生き物とはいえ、ウチの中で小さな命が終わったことはズキンときました。
「でも、自分の経験からすると死んだらもっと関節とかが硬くなってると思うんだよね」
くまひこさんがそう言うので、
「休眠」とみなして庭の片隅に浅い穴を掘って埋めてみました。
目を覚まして知らない場所だったらビックリするよなぁ。。。

のこみち、1ヶ月半ウチに居てくれてありがとうね。
サヨナラは言いません。
「あらいぐまラスカル」の最終回風に。。。「達者で暮らせよ」。
nice!(0)  コメント(0) 

このこ、のこみちです。 [いきもののこと]

今朝、ウチを出たばかりのくまひこさんからメールがありました。
もしかして忘れ物?と思い、慌てて見てみると。。。

「のこぎりくわがたがいた」

どこに?

「みちばた」

どこかで飼われてたのが逃げたのかも~

「バス停のとこのウチの縁石の内側。よかったらとっといて」

そんなことで、20分後に可燃ゴミを出しがてら見に行ってみたところ、
メールに書いてあった場所にノコギリクワガタさんがいらっしゃいました。
私、カブトムシやクワガタは全く平気なもので、難なく捕獲に成功。
くまひこさんに指示を仰ぎつつ、仮の住まいを作成いたしました。

08062501.JPG
容器は和菓子が入っていた紙製のモノ。
キュウリの端っことシュレッド済みの紙を入れ、
空気穴をあけたラップを上からかけて、日の当たらないところに設置。
ほどなくクワガタさんはキュウリに身を寄せて休眠モードに入りました。

午後、ちゃんとした住まいを求めて「世界のホビーショップ」=ユザワヤへ。
オモチャ売り場の片隅に昆虫飼育コーナーを発見。。。
1397円でおひとりさま用セットを購入しました。
30年前はオガクズに砂糖水が定番だったけれど、進化してるんですねぇ。
08062502.JPG08062503.JPG
「昆虫マット」と呼ばれる土、それに水分と栄養を与える「バイオウォーター」、
エサはゼリー状(黒糖入り)、エサ置きは切り株を模したプラスチック製。
箱以外はすっかり様変わりしておりました。
う~ん、いつからこうなってたんだろ???
08062504.JPG08062505.JPG
底から5cmぐらいまで入れた昆虫マットにバイオウォーターを挿し、
切り株にゼリーを置いて、仮住まいからお引越し。。。
気に入っていた様子のキュウリも入れてあげました。
コレに朽木や葉っぱを入れたらかなり居住性が高まりそうな予感。

08062506.JPG
「のこみち」と命名しました。
道で拾ったノコギリクワガタだから「のこみち」。
まあ、もこみちが念頭にあってのネーミングですが。。。
夜になっても活発に動かないのがちょっと心配。大丈夫かなぁ?
クワガタでさえこんなに様子が気になってしまうんだから、
こねこなんかがウチに来たらどうなっちゃうんでしょ、私。
一日中つきっきりになってしまいそうです。
いきものは見ていて飽きないですよね。
小さな命だからこそ愛おしく思える。その分、喪失感もありそうで。。。
イヌもネコも、ハムスターや小鳥や金魚すらも飼えない気がします。
植物だって育てるより枯らす方が得意だし。

しかし、通勤途中でクワガタ見つけるくまひこさんって!
「とっといて」と言われて素直に捕獲に行く自分も笑っちゃいますが。
連れてきて、住まいを作ってあげただけで情がわいちゃってるし。
これが「のこみち」くんにとって幸運だったのか、迷惑だったのか?
元気がない姿を見るに、切なくなってしまいますね。。。
nice!(1)  コメント(2) 

チチブショーノスケくん。 [いきもののこと]

う~ん、いよいよ空気が重たくなってきた。
雨は降らなかったものの、
しばらく離れていた梅雨前線がジリジリと近づいてくる気配がする1日でした。
昨日の続きを書こうと思いましたが、
なんとなく肩が張ってるので見送ることにします。。。
湿度が高くなってくると調子が悪くなっちゃうんで!

などと言いつつ。。。

08061901.JPG
このわんこは日曜の秩父ドライブの途中で出会ったのですが、
すばらしくフォトジェニックでありました。

08061902.JPG
にゃんこがよくこんなふうに前足をたたみますよね。
話しかけたら「くぅーん」と甘えた声を出して、このポーズ。

08061903.JPG
そして、スマイル
この口角の上がり方。。。ハンパないです。
勝手に「秩父笑之助」と命名しました。
困り顔のわんこもステキですが、笑ってるわんこもイイわぁ~。

ええと、明日はちゃんと続きを書きます。
これからEURO2008のイタリアvsフランスを観ようかと!中継録画ですけど。
この大会、結果を知った後に観ても十分におもしろい。驚嘆してばかり。
しかしフランスがグループリーグで姿を消すなんて、ねぇ。。。

nice!(0)  コメント(0) 

伊香保シープシープ! [いきもののこと]

今日のウラワは朝から晴れて気温が上がり、
シーツジーンズスウェットなんかもカラッとキモチ良く乾きました。
先週の金曜にようやく秋冬物と春夏物を完全に入れ替えたので、
半袖はスタンバイOKなのですが。。。なんとなくためらわれ。
日差しがね~、凶暴な気がするんですよ。今ごろの時期って。
イヤでも半袖を着ざるを得ない季節までは、肌をしまっておきたい。
けして出し惜しみするほどのシロモノではなく、
むしろ紫外線とはなかよしで、赤くならずにソッコーで小麦色になるタイプで。
「海?」とか「海外?」とか、夏になると必ずと言っていいほど尋ねられ、
その都度「いえ、生活焼けです」と答えて参りました。
日焼けしたいがためにお金を払う方のキモチが全く理解できない。。。
でも。いや、だからこそ、健康面の影響を考えて、
早いうちから無防備になるのはボチボチやめようかなぁ~と。
ホントは無防備になりたいんですけどねぇ。トシもトシだしぃ。

というワケで、まずはひつじさんの衣替えをご覧下さい。
2008052101.JPG
メリーさん(仮)、お年は1歳だそうです。まんま毛糸玉ですね。
2008052102.JPG2008052103.JPG
2008052104.JPG2008052105.JPG
日曜に行った「伊香保グリーン牧場」でのショットですが、
ニュージーランドからやってきたブライアンさん(36歳、趣味はラグビー)の手により、
ものの3分ほどでひつじさんはやぎさんになってしまいました。
あんなにモコモコだったのに風邪ひかないかしら?
「ダイジョーブ。アシタニハ、ヒカシボウ2バイニナッテルネ」
なんという神秘!
痛々しいと思うのは、ヒトという弱き生き物の勝手な同情のようです。
2008052106.JPG
この中にも衣替え済みのひつじさんが何頭か。。。
群れに飲み込まれたこのひととき、このうえない幸福感に包まれました。
前世、きっと自分はひつじと関わりがあったに違いない。
もしかしたらひつじそのものだった?
たぶん焼かれて食べられたんだ。。。物心ついた頃から火が怖いもん。

妄想話はおいといて。
世の中には「家畜をカワイイとは思えない」という方もいらっしゃるようですが、
ひつじは食べたり毛をとったりするものではなく、
可愛がるもんだなぁ~と認識を新たにいたしました。
2008052107.JPG
2008052108.JPG2008052109.JPG
2008052110.JPG2008052111.JPG

ひつじのほかにもカワイイどうぶつがたくさん居ましたよ。
今ごろは赤ちゃんシーズンみたいで!
2008052112.JPG2008052113.JPG
2008052114.JPG2008052115.JPG

でも、やっぱりひつじが。。。こひつじが。。。
2008052116.JPG2008052119.JPG
2008052117.JPG2008052118.JPG
カワイイ~。
アルパカのモカちゃんに通じるものがありますね。
私の中での「どうぶつ赤ちゃんランキング」ベスト3に入ります。
1位:こねこ
2位:こチータ
3位:こひつじ
パンダは殿堂入り、モカちゃんは身内ということで。。。
2008052120.JPG
ビバ、ナチュラル・ソフトフォーカス!
5月のこひつじ最高っ!
って、かなり勢い余ってますが。。。
関東近辺の良いひつじスポットをご存知の方がいらしたら、ぜひ教えてくださいませ。
ちなみに「マザー牧場」へはまだ行ったことがありませんです。



nice!(2)  コメント(3) 

上野と四川を結ぶ生き物、それは。。。 [いきもののこと]

台風2号が通過していきました。
東寄りの進路をとってくれたおかげで影響は少なく、
雨・風ともにたいしたことはありませんでした。
台風の接近時期が年々早まってる気がするのは。。。私だけ?
そんなことより何より、大変なのはミャンマーのサイクロンです。
救援活動の進捗が思わしくないというニュースに心を痛めていたところに、
中国・四川省で大きな地震が発生。。。
四川省といえばパンダの故郷ということで、気が気でありません。
震源地は省都である成都の北西およそ100km。
パンダの自然保護地域である臥龍(がりゅう)への通り道だったと思うんですよね。
そのあたりから道路が未舗装になり、道幅も狭まって、
新しい建物もまったく見当たらなくなり。。。
思い出します、2004年9月末に訪れた際に目にした風景。
日本の大都市と変わらぬ成都の繁栄とは対照的な、
非都市区域の立ち遅れた暮らしぶりは衝撃的でありました。
ようやく建ってるような、廃墟にも見えるような家々。
環境への配慮や災害への対策なんか絶対にやってそうにない。
「大きな地震でもあったら、このへんの建物なんかひとたまりもないよね」
悪路を揺られながら、くまひこさんとそんな話もしました。
「土砂崩れで道が通れなくなったら、パンダの保護センターに戻るか!」
今となってはシャレにならないです。
保護センターのパンダたちの安否は?と暢気なことを言ってる場合じゃない。
まして、上野にはいつパンダが来るの?なんてことも。。。
中国政府への批判を一身に引き受けて世界を巡ってきたオリンピックの聖火、
まだゴールインしていないんですってねぇ。
この際だから今回は潔く中止した方がいいような気もしますが、
逆にこんな時だからこそ必要なのか?
大変な思いをしてやっと中国にやって来た聖火を消したくないか?
いや。。。増え続けてる死者の数や把握されていない被害の数を思うと、
コースの変更はした方がいいんじゃないかな~というのが個人的な意見。
ゴール地点はチベットの民にとって特別な山=チョモランマ。
地震があった四川省の西部山岳地帯にもチベット系の民族が住んでますからねぇ。
自然に対して人間は謙虚であるべきだし、
民族や宗教に優劣をつけず、多様性を許容してこその平和ではないか、と。
今回の地震で、ダライ・ラマさんサイドと中国政府の話し合いも頓挫するのでは?
そんなことをツラツラと思っています。
とにかく、ひとつでも多くの命が瓦礫のなかから救われますように。。。。

以下、5月3日の話を。
4月30日にパンダのリンリンが亡くなったばかりの上野動物園へ行きました。
あいにくの雨模様だったけれど、連休中に行けるのはこの日だけで。
パンダ舎内には来園者が持参したお花や果物などを供える台のほか、
記帳台が設けられ、メッセージや絵などを描く人々が列を作っていました。
動物園で亡くなっていく命は他にもたくさんあるだろうに、
やはりパンダは特別な生き物なんだな。。。としみじみ。
空っぽの屋外展示スペースの前に立った時は寂しさがこみ上げてきたけれど、
長生きでしたからね~、リンリン。
悲しみよりも感謝の気持ちの方が大きかったです。
上野動物園はおよそ1年半ぶりということで、
雨じゃなければ1日かけてぐるっと一周したかったんですけどねぇ。
写真も撮りにくいし。。。それ以前に私はカメラを持っていかず。。。
動物たちの動きもいまひとつでした。
プレーリードックは1頭しか外に出ていなかったし、
カピバラにいたっては1cmたりとも動かなかった!
盛り上がった唯一のポイントは「クマの森」だったでしょうか。
有名人(シモダカゲキ氏、昨日のブログ参照)と遭遇したせいもありますが、
すごくよく出来た展示エリアなんですよね。
特にエゾヒグマ。。。プールでバトルを始めて、それがガラスのすぐそばで!
子どもたちに混じって「うぉぉ!なんじゃこりゃあ~すげぇ!」と興奮しまくってましたね。
写真だとわかりにくいかなぁ?
2008051312.JPG
その他は、特に、何も。やっぱり動物園は晴れた日に限りますな。
ふれあいスポットも雨だとつまらないし。
パンダのいない上野?
いなくても十分に楽しめる動物園だとは思いますよ。
行動展示も随所に取り入れられているし、サイン類もわかりやすい。
でも、首都の動物園として、
あるいは日本の動物園界(?)を引っ張ってきた存在として、
希少動物であるパンダの繁殖研究にはぜひ取り組み続けてほしいな~と。
「こんなかわいい動物が、人間のせいで絶滅しかかってるんだよ」
その事実を子どもたちも知るべきだと思いますね。
ただ。。。ペアのレンタル料が年間1億円ってのは高いよなぁ。。。
パンダを迎えることに否定的な意見が出るのも、
「あんなの、いる所に行ってみればいいじゃないの」という都知事さんのコメントも、
冷静に考えてみれば頷けなくもない。。。けど、ウチはやっぱりWELCOME!です。
政治利用されてる側面について?
「いたしかたないでしょう」としか。。。パンダには何の罪も思惑もありません。
福田総理には「それはそれ、これはこれ」という態度で、
両国間の問題解決に臨んでほしいものですね。
上野というマチも、
常磐線や東北本線が東京駅まで伸びてしまったら活気がなくなる可能性が。。。
名だたるアートスポットと動物園が背中合わせになった不思議なマチとして、
このままの賑わいを保ち続けるためにも、
遠からずパンダがやってくることを願ってやみません。
まあ、来年以降に。。。なるのかな?

で。。。写真です。今回はくまひこさんのをお借りしました。
「あれ撮って」「これ撮って」と横ヤリばっかり入れてしまったのですが、
「望遠、弱いよ」と言いながらも気前よく撮ってくれましたねぇ。
ほんにありがたいことですわ。
2008051301.JPG2008051302.JPG
左:上野駅「ジャイアントパンダ」待ち合わせ場所。なんか貧相なんだよな。
右:駅と公園をつなぐ「パンダ橋」からの眺め。憲法記念日だったので騒然としてました。
2008051303.JPG2008051304.JPG
左:動物園のゲートの手前にリンリンの死亡を告げる看板が。。。
右:奥はゴリラ。手前はパンダ。今回初めて気づきました。
2008051305.JPG2008051306.JPG
左:ゲート。まだ11時前ぐらいだったので、入園はスムーズでした。
右:パンダ舎の屋内展示室。リンリン、花に囲まれて。
2008051307.JPG2008051308.JPG
左:感謝状は、来園者を長年にわたって楽しませてきたことに対してのもの。
右:記帳台の様子。すでに十数冊のノートが部屋の中に積まれていました。
2008051309.JPG2008051310.JPG
左:主のいない屋外展示場。ここにパンダがやってくるのはいつの日のことか?
右:タイから寄贈されたのだそうです。唐突に眩しくて、興ざめしちゃいました。
2008051314.JPG20080513145.JPG
左:帰りの上野駅構内にて。吊り下がっている広告は。。。パンダ?
右:読売新聞のでした。TVでもCMが流れてますね。
2008051316.JPG
都営地下鉄の日本橋駅にて。病んだパンダさんがいっぱい!

最後の2枚は、各自セリフでもつけて楽しんでいただけたら~と思います。
私なりのサンプルをつけておきますね。
まずはホッキョクグマ篇。
2008051313.JPG
「ああ。。。酔っぱらって電車で寝過ごして大宮まで来ちゃった。。。
タクシーで帰るか。。。給料前なのにな。。。」byしろくまひこさん。

次、バクさん篇。左がオス、右がメスです。
2008051311.JPG
ばくひこさん:「飲みすぎちゃった。。。水ぅ~」
ばくみみさん:「ふんっ!月曜から何やってんだか!」

ちなみにこれらのセリフ。
一部脚色してますが、我が家を舞台にしたノン・フィクションであります。失笑。

nice!(1)  コメント(2) 
前の10件 | - いきもののこと ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。