So-net無料ブログ作成
検索選択
URAWA REDSのこと ブログトップ
前の10件 | 次の10件

ウラワの紅葉は高揚と共に。 [URAWA REDSのこと]

昨夜、くまひこさんは21時に帰宅。
そそくさと食事を済ませて、21時半には就寝。。。
今朝は3時50分に起床いたしました。
おかげで現在、かなり時差ボケに近い状態であります。

それというのも、こういうワケです。
2008091801.JPG
AFCアジアチャンピオンズリーグの準々決勝・第1戦、
昨年のチャンピオンとして出場権を得て、
予選リーグを免除された浦和レッズの初戦がクウェートで行われました。
イスラムの国である現地はラマダンの真っ最中につき、試合開始は日没後の22時。
6時間の時差があるもんで、日本時間では午前4時。。。
先日バーレーンで行われたW杯予選の時は起きなかったくせに、
レッズ戦となると前夜から準備万端で臨むあたり、
我ながら「ホントに好きなのねぇ~」と笑ってしまいますが。。。
BS朝日でちゃんと生中継されてたんですよぉ!
今夜、NHKのBS-1でも録画放送されますけどね。
結果は残念ながら2-3で負け。
相手は「アル・カディシア」というクウェートの古豪チームだったのですが、
守備は固く、攻撃は速く、パスワークも巧く、
実にしたたかなプレーをするチームでしたねぇ。
去年の決勝で対戦したイランのセパハンよりも洗練されていて、強いと思いました。
奪われた3つのゴールのうち2点はセットプレーから。1点はPK。
レッズの方がよくファールを取られてたような気もしますが、
それは海外で戦う時は当たり前のことで。。。
芝の状態がどうとか、気候や時差がどうとか、お互い様だしなぁ。
ちょっとだけ、「何か」が足りなかったのだと思います。
でも、神様は粋なはからいをしてくれた!
PKを献上したプレーでレッズは1人少なくなり、
「ああ、1-3で終わるのか。。。」と9割がた諦めかけてたロスタイム、
闘莉王選手の粘りからエジミウソン選手が決めて2-3になったんですよね。
ホームとアウェイ=180分の合計得点で勝ち抜けが決まるので、
1-3と2-3とでは大違いなのです。
来週の水曜に埼玉スタジアムで行われる第2戦、1-0で勝てばいい。
今年のレッズはホームでの勝率が6割に満たないのですが、
「ホームでは絶対に負けない」という去年のような空気を私たちが作る。
そう、こういうことです。。。
2008091807.JPG
ウラワのマチをいっそう赤く染める「ALL COME TOGETHER」ムーブメント、
「再びあの場所へ、共に闘おう。」のコピーの下に先週から始まっています。
写真はあちこちのお店に設置されているポストカード。
ポスターを掲示するお店も徐々に増えてきました。
「あの場所」とはアジアチャンピオンズリーグの決勝であり、
優勝したら出場権を得るクラブワールドカップであり、
もちろん昨シーズン土壇場で逃したリーグチャンピオンの座であり、
06・07年と2連覇しながらも、去年は1勝もできなかった天皇杯の表彰台でもある。
今年のレッズの戦いぶり、今後の日程をみるとかなり難しいとは思いますが。。。
とにかくココロをこれまで以上に赤くして、応援するつもりでいます。

そうそう!レッズ愛を深めるアイテムが朝イチで届いたんです。
敗戦の余韻がまだ尾を引いている頃でしたが。。。
2008091802.JPG
Jリーグ15周年記念DVD「レジェンド・オブ・スターズ」のレッズ篇、4500円なり。
私がリアルタイムで知っているのは15年のうちの5年ぐらいなんで、
これを観て、レッズの歴史に名を刻んだ選手のプレーを勉強したいと思います。
他にアイテムというと、コレ。
2008091804.JPG2008091805.JPG
ホームゲームごとに発行される「マッチ・デー・プログラム」という冊子の巻末に、
クロスワードパズルが毎号掲載されているのですが、
正解者の中から抽選で掲載号の表紙がプリントされたTシャツがもらえまして。
自分がスタジアム観戦した時は応募していて。。。この時がたぶん4~5回目?
応募の際にハガキにちょこちょこ書いたことが次の号に載ることはあったんですけど、
今回ようやく当選しましたぁ。プリントされてるのは高原選手です。
ちゃんとした(?)ナイキ製で大きさはXL。。。実用ではなく、思い出用かなぁ。
「マッチ・デー・プログラム」といえば、コレ。
2008091806.JPG
前号(vs大分トリニータ戦、333号)にはポスターが付いておりました。
試合で配られるカードが200号を向かえた記念だそうです。
このオマケのせいか、前号は品切れとなり増刷が決まったとか。。。
ウチはスタジアム観戦の時のみならず、
TV観戦の日もキックオフ前にオフィシャルショップで購入しております。
こんなことができるのもウラワに住んでいるおかげですよねぇ。
さらに自慢げではありますが、コレ。
2008091803.JPG
くまひこさんが地元の本屋さんで「レッズマガジン」を買った際、
マチのそこかしこで見かけるチケット販売告知のポスターをいただいてきました。
本屋さんには「ちょっとしたポスターがあるんですが。。。」と言われたとか。
この「ちょっとした」というところがイイですよね~、
「レッズの」などとあえて言わないんですよね!
その本屋さんには選手のサインが入ったフラッグが飾ってあるし、
入手困難な駒場スタジアムでのチケットを譲っていただいたこともある。
地元のお店で買い物すると良いことがあるもんだな~と思いました。
さぁて、どこに飾ろうかな?

と、しばらくぶりにレッズの話をさせていただきました。
はい、相変わらず濃いです。これからますます濃くなります。
来週水曜は7月5日のvsFC東京以来の埼スタ観戦。
ちなみにウチの埼スタでの勝率は8割でございます。
まあ、こんなデータは何の助けにもなりませんわな。。。
あ。昨日はガンバ大阪と鹿島アントラーズも同じ大会を戦っていました。
ガンバはアウェイで勝利。鹿島はホームで引き分け。
華やかなヨーロッパチャンピオンリーグもいいですが、
アジアの舞台で戦ってる日本のクラブにも注目してくださいね!
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

J1第15節vsFC東京戦@埼スタ(080705)。 [URAWA REDSのこと]

この週末は、梅雨の中休みにしてはかなり厳しい暑さとなりました。
「寝苦しさ」というものを久しぶりに体感しましたねぇ。
汗かいて、水分とって、汗かいて、シャワーで流して、また汗かいて。
梅雨が明けたら毎日こんななのか~と思うとげんなりです。
今日は湿度こそ高いものの梅雨空が戻って助かった~。

と書いたところで、コープの宅配が到着。
すると、おとなりのキョーコさんがおすそわけを手に現れて、しばし語らい。
「今日、エジミウソンに話しかけちゃいましたよ~!」
「えっ!とうとうやりましたね!すごいすごい!」
「この前、ゴール決めてましたね~って言ったらアリガトウって!」
そうなんです。
レッズのエジミウソン選手とキョーコさんとは「園パパ・園ママ」の間柄なのです。
これまでも何度かお迎えの時に見かけた話は聞いていたのですが、
ついに今日、話しかけることに成功!
まだ宅配車のなかで作業中だった配達のオニイチャンも、
ミーハー加減が似ている私たちのテンションがかなり高いことに驚いたことでしょう。。。
こういう話を聞くと、「ああ~レッズのマチに住んでるんだなぁ~」と実感します。

さて、そのエジミウソン選手がゴールした一昨日のFC東京戦。
暑さでバテ気味のカラダに鞭打って、LIVE観戦に行って参りました。
埼玉スタジアムは5月6日のジェフ千葉戦以来です。
その次の試合。。。ガンバ大阪戦からレッズは公式戦5連敗中。
4月の貯金が効いてリーグ首位にはいるものの、
上位5~6チームの勝ち点差は少なく、1試合で順位が入れ替わる状況での試合でした。

まずは試合前の写真から。
2008070701.JPG2008070702.JPG
左:浦和美園駅から埼スタに向う途中の屋台村にて、パンダおばちゃん発見!
右:FC東京サポさん。背中に「東京イケイケ団」の文字。
2008070703.JPG2008070704.JPG
左:スタジアムに向かう人波を眺めてたネコたち。尻尾がおそろい。
右:歩道沿いのアジサイは終わったのか?これからなのか?
2008070705.JPG2008070706.JPG
左:「ブラジル移民100周年」にちなんで、サンバやボサノバの生演奏が。
右:ブラジル料理のケイタリング・カーも来ていました。陽気なおねえさんたち。
2008070707.JPG2008070708.JPG
左:ごはんの上に乗ってるのは、ブラジルの肉料理=シェラスコ。
右:レッズOBの西野努さんを発見!暑いなかビシッとスーツ姿がカッコいい~。
2008070710.JPG2008070709.JPG
左:午後5時半ごろ、東の空には夏の雲。。。
くまひこさんの同期=トヨくんとヨコちゃんが合流し、ビヤガーデン状態に。
右:西の空は暮れかけています。なんとなく「夏フェス」の気分。
この頃には風も出てきて、かなり凌ぎやすくなりました。
2008070711.JPG2008070712.JPG
左:スタジアムコンコース内でもブラジル移民に関するパネル展示が。
右:このサングラスの美少年は誰でしょう?小学6年生の頃の写真だって。
おじいちゃん・おばあちゃんがブラジル移民の3世、闘莉王選手です!
2008070713.JPG
みなさん闘莉王選手のパネルに群がって写真撮ってましたが、
私がココロ惹かれたのはこのポスター。
キューティクルつやつやの七三ヘア、片手に鍬と妻子を抱える裸の男性。。。
肌もモンゴル相撲の力士並みにテカテカです。

と、席につくまでで既に「ごっつあんでした」な気分でありましたが、
本番はここから。今回の席はメインスタンド上段のアウェイ寄りということで、
周囲はレッズサポ:FC東京サポ=2:3ぐらいの割合で、やや緊張。。。
2008070715.JPG2008070714.JPG
左:緊張しつつ、初めて履いてみたゲンかつぎ靴下を披露。
ヨコちゃん、ありがとうございます。笹かまパンダ、イカしてます。
右:この試合はCO2排出権をレッズが負担する「カーボンオフセット」で行われました。
Jリーグの試合いくつかも同様に行われたとか。
2008070716.JPG2008070717.JPG
左:アップ前、サポーターに挨拶するFC東京の選手たち。
見たかった長友選手はケガのためベンチ入りもしていませんでした。
右:マフラーを掲げて歌うFC東京サポ。FC東京といえば「歌」ですねぇ。
あ、競馬のレース前みたいなファンファーレも生ラッパで鳴らしてました。

2008070718.JPG
レッズのスタメン、
FW:エジミウソン、田中たっちゃん(祝・今季初スタメン!)
MF:山田(右)、ポンテ(真ん中)、平川(左)、
闘莉王、鈴木啓太(ともにボランチ)、
DF:アベちゃん(左)、堀之内(真ん中)、堤(右)
GK:都築
控え:永井☆、高原、梅崎☆、坪井、細貝☆、相馬、山岸
☆印は後半途中出場。高原選手の出場はありませんでした。。。
2008070719.JPG
試合は、前半開始5分も経たないうちにレッズが先制。
田中たっちゃんのアシスト→エジミウソンのゴールでした。
前半の前半まではレッズがかなり押してたかなぁ。
でも、暑さのせいかケガ明けの選手が多いせいか徐々に全体の運動量が落ち、
田中たっちゃん・ポンテが相次いでピッチを退くと完全にFC東京のペースに。
レッズの1点を死守しようという姿勢に、勝利を渇望する強いキモチが感じられ。。。
状況が状況だけに、カッコ悪いなんて言ってられない時もあるわなぁ。
2008070720.JPG2008070722.JPG
左:5万人にはわずかに届かなかったものの、相変わらずの大入りです。
右:しばし正座するアベちゃん。。。きっとこの日もどこかが痛かったに違いない。
緊迫する展開に肩がガチガチに固まってしまった後半ロスタイム突入前、
相手が処理を誤ったボールを永井選手が華麗にさらって50mをドリブル。
そして、去年のACL決勝の先制ゴールを思わせるような豪快なゴール!
さすがレッズの9番を継承するだけあります。。。良い仕事するんです。。。
ヒーローインタビューで口にしていた「鬱憤を晴らした」というコトバに、
出場への飢え、ゴールへの飢え、勝利への飢えが垣間見られました。
FC東京にしてみれば、「あんなガチガチに守られては」という思いでしょう。
後半の攻撃。。。特にカボレ選手は脅威でした。
速い・巧い・高い・強いを兼ね備えたFWだと思います。
FC東京は何が悪かったかというワケではなく、
勝ちへの執念においてレッズの方が上回ったのではないか、と。
長友選手の不在、大竹選手・赤嶺選手が出てたらもしかして?とも思う。
計算外だったのは田中たっちゃんでしょうねぇ~。
まさに電光石火、対策をとる前にやられたという感じだったでしょう。
彼の復活はホントに喜ばしいことです。
これでFWのスタメン争いがまた混沌として参りました。
2008070723.JPG2008070724.JPG
左:結果、2-0でレッズが勝利。挨拶する選手たちの中には笑顔も。
右:ヒーローインタビューを終えた永井選手はひとりでスタジアムを周ります。
2008070721.JPG2008070725.JPG
左:ステキな内巻き王子@記念撮影中。どこのユニフォーム?
右:いつもなら勝った後はマフラーを掲げて歌うのですが。。。この日はなし。
ちびサポたちが不思議がっていました。
「5連敗を払拭するには、この1勝では足りない」という趣旨らしいです。
ウチのリーダーはストイックなんです。
去年失ったモノ(=リーグ優勝)の重さを覚えているからなのでしょう。。。
「We are REDS!」というコールも封印したままだし~。

最後に。。。良くない意味で琴線に触れたことが1つ。
2008070726.JPG
これは、エジミウソン選手と平山選手が接触して倒れた時の様子なのですが、
頭部を強打したエジミウソン選手は試合続行不可能となり担架で運ばれました。
その担架がFC東京サポーター席の前を通りかかった時、
あろうことかブーイングが起きたんですね。勘違いであってほしいのですが。。。
だったら、本当に申し訳ありません。
以下、勘違いじゃないという前提で記します。
異文化に対して寛容であろうとする私も、「これはありえない」と思いました。
声高らかに、楽しそうに歌いながら応援するのもいいでしょう。
ベタにユニフォームなんか着ずに、
オシャレな私服にマフラーだけというスタイルが多いのも「らしく」ていい。
でも、どういう理由でケガ人にブーイングするのか?
「ざまぁみろ」的なキモチ?それとも、「試合止めやがって」的な?
もう試合に関わっていない人間に対してブーイングすることに何の意味も感じない。
シーズンを棒にふるぐらいの大ケガしてる場合だってあるんだから、
心配するのが人間としてフツウなのでは?
そういえば、味方がファール取られた時も必ずブーイングしてたような?
あれは審判に対して?相手選手に対して?
常にファールを推奨するワケではありませんが、
失点に直結するような、いたしかたない場面だってあるじゃないですか。
そういう場面は「よく止めた」と味方の勇気ある行為を称えないかなぁ?
ケガの危険もあるようなファールかどうかは観ていてわかるし。。。
いやいや、ブーイングのツボもサポーターによって様々なようであります。
まずサポーターである前に、ヒトとしてフェアであるかどうか。
自分に問うた一場面でありました。

まあ、それはともかく。
冒頭で書いたように、今日のエジミウソン選手は元気な様子とのことで一安心!
ちなみにおとなりのキョーコさん、めっちゃ日本語で話しかけたそうです。
次はアウェイ、大分戦です。梅崎選手の古巣。
成長著しい若手の多いチームだし、
あのスタジアム(九石ドーム)ではやられてるイメージがあるし。。。
天王山になるであろう27日の鹿島戦に向けて勢いを落とさずに行きたいものであります。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

J1第11節vs千葉@埼スタ(080506)。 [URAWA REDSのこと]

油断してました。。。
昨日の朝、起き上がった時にピキッという痛みが左の側頭部に。
食後にクスリを飲んでおけば悪化せずに済んだものを、
風邪も治ったんでもうクスリはいいや~と放っておいたんですよね。
そしたら見る見るうちに具合が悪くなり、お昼ぐらいから吐き始めてしまい。
「寝て、起きて、吐いて」を1時間おきに繰り返し、
ようやく止まったのが夜の9時ぐらいだったでしょうか?
くまひこさんが帰宅途中にコンビニで買ってきたプリンを口にしたのが12時だったので、
20時間近く飲まず食わずでベッドトイレを往復してたことになります。
先週の熱なんかよりもはるかにしんどかったです。。。
中でも一番つらかったは、
自分の意思とは関係なしにコトバや映像や音楽がアタマの中で暴れ続けてたこと。
うまく形容できませんが、脈絡もなく渦巻いてる感じ。。。ですかねぇ。
なんでもない時って何かを考えたり思ったりしなければアタマの中はまっさらじゃないですか?
それがもう。。。勝手に暴れてて。ホントにぐじゃぐじゃで、夢のように優しくもなくて。
プリン食べた後に頭痛薬を服用、
やっと健全な眠りを得て、今日は動けるようになりました。
天候もようやく回復して久しぶりの日差し。
なんとか買い物に行ってきたけれど、帰りにドリンク剤買って飲んじゃった。
たいして疲れてもいないのに。。。
これじゃまるで病弱みたいじゃないですか、ねぇ?

健康話はこのぐらいにして、と。
今日はJリーグ15歳の誕生日だそうです。
1993年5月15日。。。スタートはまだ10チームだけだったんですよねぇ。
我らが浦和レッズの記念すべき初戦が行われたのは翌16日。
ここ数年優勝争いを繰り広げているガンバ大阪でした。
スコアは0-1で負け。。。
そこから名古屋横浜F・市原(現在は千葉)と負け続け、
5試合目でようやくヴェルディ川崎にPK戦で勝利。
しかし、そこからまた3連敗と、ダメダメな立ち上がりでありました。
その年も次の年も最下位で、「お荷物」なんて言われて。。。
そんなレッズも、下位に甘んじていたガンバも、
今はすっかり東西を代表するクラブになって!
イングランドプレミアリーグでいえば、
マンチェスターU(赤=レッズ)とチェルシー(青=ガンバ)みたいな?
なぁんて言うと、プレミアファンからブーイングが出そうですが。。。
折りしもあさって17日、レッズとガンバの試合があるんですよね~埼スタで。
NHK総合で全国中継されるので、ぜひご覧くださいませ。
どちらのサポーターでなくても楽しめると思います、代表選手も多いしね。
ウチは自治会の会合がある関係で残念ながらTV観戦。
ガンバさん、アジアチャンピオンズリーグ決勝トーナメント進出おめでとうございます。
でも、プレミアリーグ同様、歓喜に沸くのは赤いチームだと信じてます。えへへ。

プレミアリーグというと、急に身近に感じられるようなことがありましたね。
ジェフ千葉の新監督に就任したミラー氏は、
イングランド四大クラブの1つであるリヴァプールのヘッドコーチをしていた方だとか。
千葉のフロント、よく白羽の矢を立てたな。。。と思います。
現有戦力でどんなふうにチームを立て直すのか??気になるところでありますが、
そこにマイケル・オーウェン選手に獲得オファーを出すとの報道が。
オーウェンですよ、オーウェン。。。
今でこそ「ワンダーボーイ」の称号はルーニーに、そしてウォルコットに継承されましたが、
18歳にしてイングランド代表に抜擢され、フランスW杯で大活躍したフォワードです。
もうすぐ29歳だけど、まだまだバリバリ働ける年齢。
今の所属チームであるニュー・カッスルとの契約交渉が難航していることから、
ひょっとするとひょっとするかも???
あっ、余談ですがイングランドで「レッズ」というと、
マンチェスターUではなくリヴァプールを指すのだそうです。かなり余談。

で。。。5月6日に観戦した千葉戦ですが。
だいぶ時間が経ってしまいましたね。。。その後にもう1試合あったし。
この試合は、クゼ前監督の最後の試合になってしまいました。
そんな報道は以前からなされていたので、
どんな感じなんだろうな~と思いながら埼スタに向かったわけですが、
サポーターはホントによくやっていたと思います。
選手も後半は足が止まっていたけれど、前半は悪くなかった。
ただ、ベンチの監督と選手の間には通うものがなかったようにみえました。
私の席からは千葉のベンチがよく見えたもので。。。
クゼ監督はベンチの横に立って柱にもたれかかり、
戦況をじっと見つめてはうつむいたり、アタマを抱えたり。
ピッチサイドまで行ったことがあっただろうか?コーチは行ってたけど。
やろうとしていることが伝わらないもどかしさっていうんでしょうかねぇ。
レッズもわずか2試合で監督交代という事態に遭っているので、
その種の「悪い空気」というのは理解できるというか。。。他人事ではないのです。
選手をみても、ここ数年主力として戦ってきた選手はごっそり抜けて、
顔どころか名前も知らない選手ばかり(千葉サポの方、申し訳ありません)。
こんなにメンバーが入れ替わっては辛いよなぁ。。。と。
攻撃に転じた時にわらわらと人が上がってくる怖い千葉ではもうなかった。
チャンスも、惜しいシュートもあるのに、ゴールにならない。
自信を失うのも当然ですよね。。。
でも、この試合のあと監督・コーチを一新して、先週ついに初勝利!
リーグ後半戦に対戦する時にはどんなチームになっているか、
オーウェン移籍の件も含めて楽しみにしております。

あれ?気づけば千葉のことばかり書いてますね。
アベちゃんという柱をいただいてしまったので、やっぱり気にはなるんですよね。
オシムさんのサッカー、好きだったし。。。
レッズはというと、鈴木啓太選手が体調を壊して離脱している穴を闘莉王選手が埋め、
ディフェンスラインの真ん中には今月からアベちゃんが立ち、
細貝・堤の両若手は試合ごとにすくすくと成長。
左右両サイドを務められる平川選手はケガを負ってしまったけれど、
病気で出遅れていた相馬選手が左サイドで先発し始め、
前線は高原・エジミウソンの2トップが基本で梅崎・永井あたりが絡む。。。という感じ。
梅崎選手はコーナーキックやフリーキックもほとんど任され、
熱いプレースタイルのおかげもあって人気急上昇中であります。
試合の流れは。。。前半は失点に気をつけながらもチャンスを伺い、
後半一気にシフトチェンジして勝ちに行くという展開が多いかなぁ。
でも、けして試合内容がいいかというとそうではなくて。
ケガ人が多いなか10試合負けなしだし首位なんだし、文句はないんですけどね。
まだまだ緊急事態であることに変わりはないので、
リーグ戦が中断する間にじっくり連係を深めていってほしいと思います。

「サッカーの話、長いよ」とナミキングさんがおっしゃってるそうなので、
以下は写真を。。。
2008051501.JPG2008051502.JPG
左:浦和美園駅から埼スタに向かう途中、何やら人だかりが。。。
なんだろう、あの着ぐるみは?
右:おお!埼玉県のマスコット=コバトンじゃないですか!
しかもレッズサポ仕様のちびコバトンとの2ショットに遭遇してしまいました。
2008051503.JPG2008051504.JPG
左:南門と北門の間、スタジアムの東側にある「滝の広場」。
この日、その存在を初めて知りました。。。
右:池のほとりにはシートを敷いてお昼寝している方も。
ちょうどスタジアムの屋根のせいで日影になってるんですよね。
2008051505.JPG2008051506.JPG
左:のどかな田園風景のなか、レッズバスが登場!
フツウの道を走ってるのをみると、異様に嬉しくなります。
右:イベントが行われていた第4グラウンドで、レッズのマスコット一家を発見。
なかなかお目にかかれないのです。子どもたちに大人気でした。
2008051507.JPG2008051508.JPG
左:スタジアム西側の「ちびっこ広場」に先月植えられたサクラソウたち。
小さな花を咲かせていました。
右:ここに植えられているのは西洋のではなく、和名のついた日本の品種のみ。
大きくなってね~。
2008051509.JPG
南サイドスタンドのコンコースに千葉サポーター(黄色)が集結。
下をぞろぞろとレッズサポーター(赤)が歩いていきます。
2008051510.JPG20080515101.JPG
左:千葉サポーターは選手入場前から熱い応援を繰り広げ、
右:入場の際はこんなビジュアルを展開。すごく、好感が持てました。
2008051512.JPG
この日のスタメン、
GK:都築選手、DF:堤選手・阿部選手・堀之内選手、
ボランチ:山田選手・闘莉王選手、
左SH:相馬選手、右SH:永井選手、トップ下:梅崎選手、
(途中から永井選手と梅崎選手がポジションチェンジ)
FW:エジミウソン選手・高原選手。
前半は0-0で折り返し。
エンゲルス監督は後半から永井選手に代えて細貝選手を投入。
細貝選手がボランチに入ったことに伴い、
闘莉王選手が1枚前に上がりました。
コレが見事に当たって闘莉王選手が1点目をゲット。
2点目も闘莉王選手のアシストから相馬選手がゴール。
その後、高原選手がアウト・エスクデロ選手がイン。
闘莉王選手がアウト、内舘選手がイン。
ダメ押しの3点目はエジミウソン選手。
3-0でレッズ勝利、GW最終日ということもあり、観衆は52008人でした。
2008051513.JPG2008051514.JPG
左:守備のMVP・アベちゃん@給水中。
今シーズンのアベちゃんのプレーには凄みを感じます。
右:攻撃のMVP・闘莉王選手@給水中。
前半に右肩じん帯を損傷するケガを負いましたが、80分近く戦いました。
2008051517.JPG
試合が終わってサポーターに挨拶する千葉の選手たち。
スーツ姿が見えますが。。。フロント陣だったのでしょうか?
2008051520.JPG
こちらはメインスタンドに挨拶するレッズの選手たち。
バンザイで隠れちゃってるのはご愛嬌。
2008051518.JPG2008051519.JPG
左:ヒーローインタビューは闘莉王選手でした。日が暮れかけています。
「苦しい時も楽しい時も一緒に戦いましょう」というコトバに胸が熱くなりました。
右:巨大ビジョンの上に人が!旗を降ろしてるんですねぇ。高所恐怖症にはムリ。
この巨大ビジョン、バレーボールコート一面分もあるんですって。

おやおや?
ブログ書いてる間に、キリンカップに向けての日本代表が発表になりましたね。
レッズからは闘莉王選手、アベちゃん、鈴木啓太選手、高原選手の4名が選出。
どうしてキーパーの都築選手が選ばれない?
納得いきませんです。。。ウチ、リーグ最小失点(唯一のヒトケタ台)なのに。
でもでも、ドイツに渡った長谷部選手の名前があるではありませんか!
向こうでも着実にスタメンを確保している長谷部選手。。。楽しみぃ。
FC東京の長友選手やセレッソ大阪の香川選手など、気になる若手もいますね。
常連組・海外組・若手と、全体としてバランスは取れてるんじゃないかな?
W杯予選に向けて、これをどう組み合わせていくかですね。
それにしてもキーパーが納得いかない。。。ブツブツ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ナビスコ杯予選リーグ第3節vs京都@駒場(080416)。 [URAWA REDSのこと]

天気予報のとおり、ウラワは午後2時半ごろから雨模様となりました。
最近ホントに雨が多いです。晴れが3日と続かない。
雨の降り方も乱暴だし。。。おかしいよなぁ、やっぱり。
んんっ?今日のカレンダーに「春土用」って書いてあるぞ。
どうやら春(立春)と夏(立夏)の中間地点らしいです。
であれば、梅雨っぽいお天気なのも得心がいきますな。
って、新暦と旧暦をごちゃまぜにしちゃってますが!
土用といえば、ウナギ。
ウラワにはウナギの蒲焼を食べさせるお店が多いこと、ご存知でしょうか?
今でこそ川や沼地は姿を消してしまったけれど、
江戸時代はよくウナギが捕れ、中仙道を往来する旅人に喜ばれてたのだとか。
そういや、引っ越してきてから1回しかウナギ屋さんに行ってないなぁ。
実を言うと、ウナギよりアナゴが好きなんだよなぁ。。。

さて。
埼玉スタジアム2〇〇2の省略形は「埼スタ」なのに、
駒場スタジアムは「駒スタ」じゃなくて「駒場」という事実。
それに今さら気づいた昨日、
ナビスコ杯予選リーグの3試合目、京都サンガ戦を観戦してきました。
キャパシティの少ない駒場スタジアムのチケットは入手困難なのですが、
ありがたいことに購入することができて。
キック・オフは午後7時ということで、
くまひこさんは「2時間休」を使って早目に帰宅。
午後5時にはウチを出て、徒歩10分もかからない駒場へと向いました。
駒場でサッカーの試合を観るのは、お正月明けの高校選手権準々決勝以来。
レッズでいうと、去年の11月28日。。。
天皇杯の初戦でJ2の愛媛FCに負けた、身も凍るようなあの日以来でした。
思えば、鹿島に負けてから中3日の試合だったんだよなぁ。
今回は鹿島に勝っての中3日。
リーグ戦4連勝の勢いをそのまま持ち込んでくれることを期待していた。。。んだけど。

今年のこの大会、レッズは名古屋神戸・京都と同じ組。
これまで2戦を消化して0勝1敗1分。1敗は神戸(ホーム)、1分けは京都(アウェイ)。
上位2チームに残ってトーナメントに駒を進めるには、
ここで勝っておきたい1戦ではあったのですが。。。結果は1-1の引き分けでした。
引き分けの場合は勝ち点「1」がもらえるんだけど、
試合の内容や展開、チーム力によってニュアンスが変わってくるんですよね。
先制されて追いついた場合は「勝ち点1を拾った」。
逆に、リードしていながら追いつかれた場合は「勝ち点2を失った」。
両者決め手に欠ける、あるいは拮抗した内容だったら「勝ち点1を分け合った」。
昨日の引き分けは「分け合った」という表現が適当だったと思います。
京都、リーグ戦で4位につけてるのはけして勢いだけじゃない。
レッズの良さを消し、悪いところを引き出すようなプレーを組織だって行ってた気がします。
待てよ。やっぱりレッズは「拾った」のかなぁ?
あんな内容でよく負けなかったな。。。というぐらい、攻め手のない場面が目立ちました。
失点は、シロウト目にも明らかなパスミスから。ホントにつまんないミス。
得点は、パスで崩したのではなく個人技で。梅崎選手、移籍後初ゴールおめでとう。
キモチの入っている選手と、そうでもない選手。。。差があったし、
ここんところ当たってた選手交代もハズレだったんじゃないかな。
試合後はブーイングもなかったかわりに拍手もまばら。
こんなんで、日曜の大宮戦は大丈夫か?また気合負けするんじゃないだろうね?
大宮戦の次は、リーグ戦でまた京都と対戦するけど、
今度こそは相手の術中にハマらないよう、しっかり対策を立てて臨んでほしいなぁ。

などと言いつつ、良かったところもありました。
例えば。。。坪井選手、4試合ぶりにスタメン出場。復調の兆しあり。
後半から投入されたパウリーニョ選手を9割がた抑えていました。
細貝選手、ボランチとして先発出場。運動量、攻撃参加が目立ちました。
ファイトする姿勢はすごくイイから、ゴール前では冷静であってほしい。
闘莉王選手、リーグ開幕戦以来のセンターバックに入る。
シジクレイ選手との空中戦は見ごたえ十分。やっぱり本職ですわ。
高原選手、後半25分まで出場。シュートがだいぶ増えてきました。
「とにかくゴールが欲しい」という強いキモチを感じた。もう少し、もう少し。
アベちゃん、梅崎選手も良い仕事をしてたんだけど、
サッカーは11人でするものですからねぇ。
後ろにばっかりパスしてちゃってる方が約1名。。。キャプテン、頼みますよぉ。
あれれ?良いとこ探しが、悪いとこ探しになってる。。。いかんいかん。

ということで、写真です。
さすが駒場。陸上トラックはあるけれど、選手との距離が近いです。。。
2008041701.JPG
サブグランドのフェンスにも赤い横断幕が掲げられています。年季を感じる。
2008041702.JPG2008041703.JPG
左:な、な、なんと!席は最前列でした。京都側ベンチのナナメ後ろあたり。
右:浦和パルコ地下の「大丸」で買った「まい泉」のカツサンドで腹ごしらえ。
2008041704.JPG2008041705.JPG
左:不穏なカラスの群れ。。。暖かかったけど、風が強かったです。
右:平日の夜にも関わらず駆けつけたサポーターに挨拶する京都の選手たち。
2008041706.JPG2008041707.JPG
左:現役を退いた秋田豊氏、京都でコーチをしております。背も声もデカかった。。。
右:「ミスター鹿島」=柳沢敦選手、今季から京都へ。後半途中出場でした。
2008041708.JPG2008041709.JPG
左:ちびサポくん・その1。視線の先にはウォーミングアップするレッズの選手たちが。
右:ちびサポくん・その2。背中に「浦和っ子」とプリントされてました。
2008041710.JPG
スタメンは。。。GK:山岸選手(今季初出場)、
DF:アベちゃん・闘莉王選手・坪井選手、ボランチ:鈴木啓太選手・細貝選手、
左SH:相馬選手(ウイルス性胃腸炎明け)、右SH:山田選手、
FW:エジミウソン選手(1トップ気味)、高原選手・梅崎選手(2シャドー気味)
選手交代は、山田選手→岡野選手、高原選手→永井選手、
梅崎選手→堀之内選手でした。
2008041711.JPG2008041712.JPG
左:高原選手、右:細貝選手。
2008041713.JPG2008041714.JPG
左:山田選手、右:鈴木啓太選手。
2008041715.JPG
前半、ヘディングの競り合い。闘莉王選手の高さに注目してください。
高さもすごいけど、相手よりだいぶ早く飛んでますよね。
2008041716.JPG
左から、堀之内選手・山岸選手(黒ユニ)・アベちゃん・坪井選手。
堀之内選手の投入により、闘莉王選手は前線に上がって攻撃に加わったのですが。。。
2008041717.JPG
アベちゃん、頼むからアタマを上げてください。
今日もあなたは身を投げ出し、98%入っていた相手のシュートを防いだではありませんか。
くまひこさんも言っています、「アベちゃんになら娘をくれてやってもいい」と。
娘も息子もいないのにねぇ。大事なモノを安心して託せるほど、信頼しているそうです。

明けて今日。来週行われる日本代表合宿のメンバーが発表になりましたが、
レッズからは6人が選出されました。
多く選出されるのは、ちょっと複雑。まだまだチームとして完成していないのに。。。
明日に発表されるオリンピック代表合宿メンバーにも、
たぶん梅崎・細貝両選手が呼ばれることでしょう。
彼ら抜きで試合をしなければならない時がやがて来るかと思うと。。。はぁ~っ。
いやいや、ネガティブに捉えちゃいけませんね。
まずは目の前の一戦です。
今のところ自宅でテレビ観戦の予定だけど、行っちゃう気がしないでも。。。ないなぁ。

そうそう。レッズの春夏物のグッズカタログがこのほど発行されました。
今回、私が勝手に選んだイチオシはコチラ。
2008041718.JPG2008041719.JPG
左:梅崎選手。物怖じすることなく、爽やかにストリート系アイテムを着こなしてます。
どことなく氷川きよし君に似てると思うのは私だけ?九州顔なんですよねぇ。
右:永井選手。毎度のことながら、ここだけ空気感が違うんですよね。。。
目線を外しても、合わせても、不自然さがまるでない。
他の選手はやっぱりどこかぎこちなくて、モウシワケないけど笑えてしまうのでした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

J1第6節vs鹿島@埼スタ(080413)。 [URAWA REDSのこと]

どういうシチュエーションだったか忘れてしまったけど、
もうすぐ「彼」に会える!とドキドキが最高潮に達していた時、
無情にもケータイのアラームが鳴って目が覚めてしまいました。
ああ、今夜続きがみられたらいいのに。。。
その「彼」とは、浦和レッズの背番号9番=永井雄一郎選手。
昨日の試合の余韻がそのまま夢に持ち越されたのでした。

鹿島アントラーズを埼玉スタジアム2〇〇2に迎えての第6節は、
今月に入って初めてのホームゲームでした。
鹿島はリーグ開幕から5連勝中の首位、
AFCチャンピオンズリーグ(=ACL)でも3戦3勝中。
それだけでも十分に「大一番」ではありましたが、
昨シーズン怒涛の勢いでリーグ優勝をかっさらっていったチームです。
9日にACLの試合があって中3日、ケガ人も出ているとはいえ、
「鹿島相手にどれだけやれるか」でレッズの再建がホンモノかどうかわかる。
スタジアムに行くのを決めたのはチケットの残り枚数が5000を切ってからでした。
実際、シュート数・コーナーキックの回数・ボール支配率、どれも鹿島が上。
疲れを見せながらも凄みのある攻撃をみせた鹿島は、
ミスも少なく連係も熟成されていて、その強さを認めざるを得なかった。
しかも、昨年より強くなってるような印象でした。
やっぱり小笠原選手ですかね。。。巧いだけじゃなく怖さもありました。
でも。。。結果は。。。2-0でレッズの勝利!
少ないチャンスをゴールに結びつけ、あとは全員で耐えた。その賜物でした。
連勝を止めたとか、3位に上がったとか、そんなことはオマケのようなもの。
開幕2試合を思えば、ここまでファイトできるようになったのが何よりも嬉しい。
夢(いや、妄想?)に登場した永井選手は、後半からの出場でした。
10分も経たないうちに先制ゴールを、そしてロスタイムにダメ押しの2点目を鮮やかに。
代名詞である華麗なドリブルを封印して、
髪を振り乱して新人選手のように走り回る「カッコ悪さ」は、
そのままでも十分オトコマエな彼を何百倍も輝かせておりました。
ヒーローインタビュー中、男性からも声が飛んでましたからねぇ。
「永井ぃ~!カッコイイ~!」って。。。。

しかし、いつまでもうっとりしている場合ではありません。
明後日にはまた試合があります。。。ナビスコ杯予選リーグ第3戦。
相手は好調の京都サンガ、今年初めての駒場スタジアムでのゲームです。
そして日曜にはリーグ戦。大宮アルディージャとの「さいたまダービー」。
昨年は1分1敗と負け越し。大宮も調子が上向きだけど、借りを返さねば!
と気を引き締めたところで、以下は写真と共に振り返りたいと思います。

2008041401.JPG
噴水広場からみたメインスタンド。
あいにくの小雨模様でしたが、新緑が爽やかです。
2008041402.JPG2008041403.JPG
左:サッカーボール型のジャングルジムのある広場の片隅に、
右:旧・浦和市・さいたま市・埼玉県の花である「サクラソウ」が植えられてました。
コレ、サポーター有志の呼びかけで実現したものだとか。
ちなみにレッズのエンブレムにも「サクラソウ」があしらわれています。
2008041404.JPG2008041405.JPG
左:キックオフは16時。1時間30分前にレッズの選手バスが到着。正確です。
右:南ゴール裏、両サポーター間の緩衝地帯には赤い柵が出現!
2008041406.JPG2008041407.JPG
左:鹿島の選手がサポーターに挨拶。一歩前に出ているのは小笠原選手です。
なにやらサポーター席に投げ込んでいましたが。。。何?
右:鹿島のスターティングメンバー。
アウェイチームはこんなふうにひとまとめに紹介されます。背景も地味。。。
2008041408.JPG
今シーズン初めてお目見えしたヴィジュアル・パフォーマンス。鳥肌が立ちました。
赤字に白で「URAWA」の文字。。。黒い縁取りで力強さを際立たせた名作です。
出る時はパッと一瞬で、消える時はチラチラと星がまたたくように。。。
「キモイ」と言われようが、これはレッズサポーターにしか出来ないお家芸です。
2008041409.JPG
レッズのスタメンは。。。
GK:都築選手、DF:アベちゃん・堀之内選手・堤選手、
ボランチ:鈴木啓太選手・細貝選手、右SH:山田選手、左SH:平川選手、
トップ下:闘莉王選手(!)、FW:エジミウソン選手・高原選手。
開幕以来スタメンだった相馬選手は胃腸炎のため欠場。
サブには、山岸選手・岡野選手・内舘選手・永井選手・梅崎選手、
そしてエスクデロ選手が入りました。
2008041410.JPG2008041411.JPG
左:前半0-0で折り返し。後半、高原選手に代わって永井選手がイン。
高原選手はレッズのサッカーの特徴を、
レッズの選手は高原選手の間合いを少しずつわかってきているように思えます。
もうちょっと、時間が要るかな?
ブンデスリーガでの経験もあるポンテ選手の早期復帰が待たれます。
右:後半25分、細貝選手に代わって梅崎選手がイン。
このタイミングで闘莉王選手はボランチに下がってたような?
もっとも1点目をアシストしていたので、前線での仕事は果たした後でしたが。
細貝選手は試合ごとに荒削りな部分がだんだん取れてきてるかも。
1試合ごとに成長がみられるのって嬉しいですよね。
2008041412.JPG2008041413.JPG
左:チケットはソールド・アウトしていましたが、残念ながら6万人超えはならず。
右:3人目の交代は後半43分。エジミウソン選手に代わって坪井選手!
1点を守りきろうということでFWを1枚減らしてDFを増やすという作戦。
出番を待つ坪井選手の開脚。。。お見事です。
この交代から2分後、永井選手がダメ押し弾を決めました。
エンゲルス監督のベンチワーク、この試合も冴えていたと思います。
鹿島の方は。。。もう少し早く代えても良かったんじゃないかなぁ?
でも、けして劣勢ではなかったから代えられなかったんでしょうね。。。
2008041414.JPG2008041415.JPG
左:終了。鹿島で小笠原選手の次に印象的だったのは、左サイドの新井場選手でした。
右:バックスタンドに挨拶。ベンチの選手、交代で下がった選手も加わりました。
2008041416.JPG2008041417.JPG
左:ヒーローインタビューは立ち上がって聞くのがフツウです。
私たちが観戦したメインスタンド上段はアウェイ寄り。
それでもレッズサポーターが圧倒的多数で。。。対鹿島=5:1ぐらいかな?
鹿島サポーターはかなり居心地が悪かったと思います。
右:選手がピッチを去った後は恭しくマフラーを掲げて凱歌を!
くまひこさんも私も、かつてない音量で歌ってしまいました。
2008041418.JPG
コチラは北ゴール裏。密度が、熱度がスゴイです。荘厳ですらあります。
「よし、明日からまた頑張ろう」
何も頑張るものなどない私でも、そんなふうに思えてくるから不思議です。
ひとりじゃない。。。と思えるから、かな?
2008041419.JPG2008041420.JPG
午後6時半、スタジアムを後にします。
2008041421.JPG
船の舳先のようにも見えますが、ライトアップされたメインスタンドの屋根です。
夜の埼スタはホント宇宙船みたいでキレイです。。。

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

J1第3節vs新潟@埼スタ(080330)。 [URAWA REDSのこと]

昨日の午後から今日の昼まで降り続いた冷たい雨、
そして雨上がりに吹き始めた風。
満開のサクラとそれを愛でる人々にとっては「いけず」な感じですが、
空や空気はすっかり洗われてクリアになったような気が。。。
お隣のサクラもこころなしかキモチが良さそうに見えました。
2008033101.JPG
ほぼ咲きそろったようだし、そろそろ定点観測はおしまいにしようかな?

ええ~、開幕から1ヶ月近く遅れましたが、レッズ桜も見事に開花いたしました!
リーグ戦2連敗のち監督交代、所によりケガ人。。。
生まれ変わるための痛みにみんなで耐え、やっと手にした重い重い1勝です。
アジアチャンピオンズリーグを除くレッズの国内公式戦での勝利は、
去年の10月20日のジェフ千葉戦(アウェイ)以来、11試合(162日)ぶりのこと。
ホームでの勝利と得点は去年10月7日の大分戦(@駒場ス)以来、7試合(175日)ぶり。
この試合、ウチもスタジアム観戦しましたが、
失点してブーたれ顔してた梅崎選手がまさかレッズの一員になるなんて思いもよらなかったなぁ。
埼玉スタジアムに限っていえば、9月30日の新潟戦以来、6試合(182日)ぶりの勝利。
半年。。。長かった。。。
横浜FCに並びかけたJ1連続無得点試合記録もワースト2でストップいたしました。
ようやく立ったスタートライン。
喜んでばかりはいられない!なぁんて言えるのは一夜明けたからで、
昨日は2月から封印していた回転寿司に行ってお祝い。2人で24皿+茶碗蒸し。
お寿司屋さんに行く途中に見えたキレイなサクラ並木も、
真っ赤に染まったスタジアムの残像を消すことはできませんでした。
夢には梅崎選手が出てきたしなぁ。ははは。
以下、写真と共に。

2008033102.JPG2008033103.JPG
左:浦和美園駅から埼スタに至る道にも立派なサクラの木が。
右:キックオフは16時。1時間半前に到着して遅めのランチを「ワンコイン・バー」で。
500円を払って容器をもらい、好きなだけ盛ることができます。
ライス、チャーハン、焼きちゃんぽん、ペンネ、カレー、
チキンのトマト煮、唐揚げ、フライドポテト等々。。。
2008033104.JPG2008033105.JPG
左:くまひこさん、嬉々としながら盛り付けておりました。
一層目にごはん類、二層目に麺類、三層目におかず類。ずっしり重かった!
右:私はあくまでもサラッと。。。つぶれたごはんは好きじゃないものでして。。。
味は、まずまず許容範囲。量で満足な品ですね。
スタジアム内の売店でお弁当を買うよりもコストパフォーマンスは高いです。
何より、外でパッと食べてしまえば席についてからバタバタしなくて済むのがイイ。
はらぺこさんには1000円のダブルサイズ容器もありますよ~!
コチラは、入場ゲート付近で目に付いた方々。
2008033106.JPG2008033107.JPG
左:独自のセンスが光るレッズサポーター氏。ポイントは赤いソックスでしょうか。
右:アヒルではなく白鳥です。愉快な新潟サポーター氏。

キックオフ1時間前。。。雨が降り始めました。小走り気味に入場します。
この日の席はメインスタンド上段の北寄り。
屋根の下だったので大丈夫でしたが、肌寒かったなぁ。。。
2008033108.JPG2008033109.JPG
左:私たちのすぐ前に「FC YONEZAWA」と書かれたジャージ姿の少年が30人ぐらい。
春休み時期、山形から遠征ついでの観戦だったのでしょうか?
今年からこのエリアは中学生以下2000円となったので、
こども連れで指定席で観戦したい方なんかにはオススメです。
右:新潟サポーター席は最上段までビッシリ埋まっていました。
最前列に4~5人、上半身裸の方が。。。風邪ひかなかったかなぁ。
2008033110.JPG
先発メンバーは。。。
GK:都築、DF:堤・堀之内・阿部、右WH:平川・左WH:相馬、
ボランチ:闘莉王(!)・鈴木啓太、
FW:エジミウソン(1トップ)・永井・山田(2シャドー)。
サプライズが2つありました。
坪井選手が先発を外れ、3年目の堤選手がリーグ戦デビュー。
そしてケガから復帰した闘莉王選手が1つ前にポジションを上げてボランチに。
うーん、何か化学変化が起こる予感。。。
2008033111.JPG2008033112.JPG
左:と思いきや、10分も経たないうちに鈴木啓太選手が負傷。
木曜のアンゴラ戦にフル出場したU-23代表の細貝選手が入りました。
右:この日の闘莉王選手は「ちょんまげ」仕様。
高校時代以来のボランチだったそうですが。。。なかなかどうして。

試合は、前半の前半まではレッズペースで進みますが、
前半の後半あたりから新潟の動きがよくなり、レッズは劣勢に。
そのまま終わってしまうのか。。。と思い始めた42分、
山田選手からのパスを受けた相馬選手が左からの難しいシュートを決めて先制!
スタジアムの「赤」が、ぶわっと沸き立ちました。。。
相馬選手ってどこか人を食ったような顔していたのですが、
今シーズンに入ってから変わったんですよね~、印象が。
「求道者」然とした引き締まった表情になってきた。
東京ヴェルディからレッズに移籍してきて3年目、
先発の座を必ずしも確保したわけではないことが危機感につながっているのだと思います。
そんな相馬選手のゴールは、
レッズの再生を高らかに告げるファンファーレにふさわしいものでした。

2008033113.JPG2008033114.JPG
左:後半1分も経たないうちに、
エジミウソン選手との美しいパス交換から闘莉王選手が豪快に2ゴール目を叩き込みます。
ブラジルで育った者どうし、感じあう何かがあったのかも。。。
闘莉王選手が広告看板に乗って喜んでるの、わかるかなぁ?
私たちの前列に座ってた子たち、1点目は誰も立ってなかったけど、
2点目が入った時は何人か立ち上がって「うぉぉぉぉ~!」って言ってましたね。
残念ながら最後まで観戦できなかったんだよね。。。
その後、永井選手がダメ押しの豪快ミドル弾を決めたのに!
右:前売りでは5万以上売れていたようですが、サクラの満開と重なったせいでしょうか?
それとも雨のせい?はたまた3時間遅れでテレビ埼玉で中継があったせい?

結果は3-0でレッズの勝利。
あら探しは専門家にお任せして、良い印象だけ書いておきます。
一番のキモはやっぱり闘莉王選手のボランチ起用だったと思いますが、
彼が攻撃参加することによって生じる穴を細貝選手は何とかカバーしてたし、
最終ラインの堤選手はデビュー戦と思えないほどの落ち着いた守備を見せてくれた。
ラインを統率した堀之内選手も安定感が増して
平川・相馬両選手は相互にバランスを取りながら前線に顔を出し、
エジミウソン選手はゴールこそなかったものの献身的な動きで貢献、
永井選手はとにかくよく動いてチームを引っ張った。
ゴール裏からのコールも一番多かったです。
オトコマエから「頼もしいオトコマエ」へ進化。今ものすごくノッてます。
どこか精彩を欠いているようにみえた山田選手が、
梅崎選手が投入されるやいなや目が覚めたように動き出したのには笑った。。。
都築選手もビッグセーブがあったし、
アベちゃんも確実に1点防いだ(前半終了間際の矢野選手のシュート)。シビレた!
あと誰だ?最後の5分ぐらい、野人=岡野選手が出たなぁ。。。
3点ともセットプレーからではなく、
パスをつないでのゴールだったことに今季のレッズがめざすサッカーが見えました。
これを誰が出ても同じことができるまでに極めて、
新しい「レッズ・スタイル」が完成したら怖いチームになるんじゃないかなぁ。

かくて、いつか見た歓喜の光景が目前に。。。
2008033115.JPG2008033116.JPG
左:試合が終わって喜び合う選手たち。
右:ベンチ前でもコーチ陣がエンゲルス監督のまわりに駆け寄ります。
2008033117.JPG2008033118.JPG
左:北ゴール裏に挨拶。
右:そしてメインスタンドにも。もちろんスタンディングで迎えます!
2008033119.JPG
ヒーローインタビューには得点した3人が登場。
相馬選手の第一声、「あざーす!」に場内が一気に和みました。
闘莉王選手の「今までいろいろたまってたんで」には苦笑。また余計なこと言って!
そして永井選手、運動量の豊富さについて問われて「。。。疲れますね。。。」
選手が引き上げ、勝利の後にだけ歌われるサポーターソング「We are DIAMONDS」。
大きな声で、マフラーを掲げて、厳かに。。。そして誇らしく。
2008033120.JPG
メインスタンド裏、「水の広場」の噴水も赤く染まっていました。
パスをつないで取った3つのゴールをココロに刻んで帰途に。。。

そうそう。高原選手・田中たっちゃんは共にベンチ外でした。
2人のケガが癒えて、さらにリハビリを終えたポンテ選手が帰国し、
三都主選手が復活して、はじめて2008シーズンのレッズとなる時、
どんなワクワクするようなサッカーを見せてくれるのか?
彼らがどうフィットしていくのか?
エンゲルス監督は、どんな色でどんな絵を描くのか?
少しずつ、期待が予感に変わっていってるような気がいたします。
今週は水曜に清水、土曜に磐田。
この2連戦を終えたら、次は。。。。。ホームで鹿島と対戦。
「V奪還」なんて言いません、2冠チームに挑むキモチでございます。
その後は、大宮との「さいたまダービー」かぁ。
レッズの正念場は来月も続きそうです。









nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ナビスコカップ予選リーグ第1戦・第2戦を終えて。 [URAWA REDSのこと]

トウキョウ(=東京駅)の北24kmに位置するわがマチ=ウラワでも、
ソメイヨシノのつぼみがちらほらとほころび始めました。
コレは、ウチと浦和パルコとの間にある仲本(なかもと)小学校の裏に立つ木。
2008032401.JPG
この辺の学校のサクラは春休みに入った頃に咲き始めるので、
子どもたちには見てもらえないんですよねぇ。
あんまり早く咲ききってしまうと新学期には散ってしまってるし!
年度をまたいでるという意味では、
お別れの花でもあり出会いの花でもある。
フクシマから南下してきて満4年になろうとしていますが、
花の咲く時期のズレにはまだ慣れません。
200km北のフクシマのサクラは新学期に入ってから咲く。
だから、完全に出会いの花なのです。
ちなみに昨シーズン定点観測していたお隣のサクラはまだつぼみ。
だいぶ膨らんできましたが、朝しか太陽が当たらないので1週間先かも。
時間差でいろんな種類のサクラが見られるのって楽しいですよねぇ。

一方、我らが浦和レッズはというと。。。まだトンネルの中。
この週末も「サクラサク」とはなりませんでした。
正確には、「おお!ついに咲いた!」と思ったら、閉じちゃったんですけど。
昨日、ナビスコカップ予選第2戦において京都サンガとアウェイで対戦。
前半エジミウソン選手のハットトリックで3-1とリードしていながらも、
後半に追いつかれて3-3。引き分けに終わりました。
今季初めての「勝ち点1」をゲット。
そして昨シーズンからの連続無得点試合は「7」でストップ。
最低限の前向きな結果ではありますが、
3位という成績をおさめたFIFAクラブワールドカップを除けば、
実に10試合も勝利から遠ざかっております。。。
いくら4年間チームをみてきたコーチが監督になったからといって、
立て直すのは簡単ではないんだなぁ~と痛切に感じます。
と同時に、「昨シーズンって何だったの?」という疑問がフツフツと。。。
クラブも、選手も、サポーターも称えられたけれど、
チームは崩壊の危機と背中合わせの状態で戦ってたなんて。
まあ、今さら後ろを向いたところで勝ち点が、ゴールが増えるワケでもなし。
エンゲルス監督が就任してからの2試合、
トンネルの中にありながらも光が全く見えないワケではなかったし!

ちなみに、ナビスコカップという大会ですが。。。
J1の18チームが総当りで行われるリーグ戦と並行して行われているカップ戦です。
アジアチャンピオンズリーグ(ACL)に参加する2チームを除いた16チームを4つのブロックに分け、
ホームとアウェイでリーグ戦を行います。だいたい3月から5月の2ヶ月間で。
次に、各組から勝ち上がった6チームにACL参加の2チームを加えた8チームでトーナメントを行い、
11月の初旬に決勝。。。Jリーグ・天皇杯と並ぶ「三大タイトル」と言われている大会です。
無冠だったレッズが初めて獲得したのがこのタイトル。2003年のことでした。
去年は運の悪いことに準々決勝でガンバ大阪と当たってしまい、あえなく撃沈。
今年は名古屋グランパス・ヴィッセル神戸・京都サンガと同じA組に入り、
奪還を目指しておりました。。。が、2試合を終えて最下位という状況であります。
まだ4試合残ってるし、この組は混戦模様なので諦めるのは早いですけど。
この組合わせは確か12月に決まっていたと思いますが、
選手補強の状況からみて簡単に勝ち抜けないチームばかりだな。。。と案じてたんですよねぇ。
実際、リーグ戦が始まってからも元気の良さが目立っていたし。

20日(木)、埼玉スタジアムで行われたヴィッセル神戸戦は現地で観戦しました。
屋根の下の席だったけれど風雨が吹き込んで。。。寒かったなぁ。
ただでさえ監督交代から3日後というスクランブル状態なのに、
日本代表組が不在、闘莉王選手と田中達也選手はケガで欠場。。。
マイナス要素を挙げればキリがありませんでしたが、
先発メンバーとサブのメンバーを見てビックリ!若い!
加入3~4年目のピチピチした顔が揃っていました。
コレ、前監督がなかなかやらなかったことです。
ハラハラドキドキ。。。というよりは、ワクワクしました。
2008032404.JPG2008032405.JPG
左:ウォーミングアップで、ビブス(=ゼッケン)を装着してのボール回し。
コレも新しいぞ!確かオシムさんが代表チームでこんなことをさせてたんだよね。
右:15日の名古屋戦では気づきませんでしたが、必勝祈願のダルマの横に小ダルマが!
どんな思いが託されているんだろうか?
2008032406.JPG
スタメン…GK:都築、DF:堤(3年目)・堀之内・坪井、
左WB:相馬、右WB:平川、ボランチ:細貝・山田、
トップ下:梅崎、FW:エジミウソン・永井。
サブにはルーキーの高崎(駒大卒の大型FW)、西澤(3年目のMF)、
近藤(4年目のDF)、エスクデロ(アルゼンチンから帰化した19歳のFW)。
岡野・内舘の両ベテランも居ましたが、フレッシュなメンバーが揃いました。
2008032407.JPG2008032408.JPG
左:試合は。。。開始わずか2分にレアンドロ選手のゴールで先制され、
レッズは後半に猛攻を仕掛けるもそのまま逃げ切られて0-1。。。
右:3万人超。悪天候、そしてお彼岸の中日をものともせずに集まりました。
「後半のような戦いが前半からできていたら」と思った人は多かったハズ。
2008032409.JPG
失点してもいい。それ以上に点をとれば勝てるんだ。。。
ブーイングではなく、「ゴールでオレたちを熱くさせろ」というコールが鳴り続けました。
梅崎・細貝両選手の熱さ、相馬・永井選手の気迫、
そして後半途中に出場したルーキー=高崎選手のスケール感。
キモチも、形も見えてきた。あとはゴールだけ。
足りないのは。。。やっぱり一体感か?
特に守備ラインには危うさというか、自信のなさが垣間見られる。
「でも、次はいけそうじゃない?」なんて言いながらスタンドを後にしようとしたら、
ぞろぞろと戻っていくヒトがいる。。。何かあったの?
2008032410.JPG2008032411.JPG
左:北ゴール裏にクラブのフロントへのメッセージが書かれた横断幕が。
右:レッズの現状に対する危機感をあらわにした文章でした。
あっ、屋根のないゴール裏が雨でも赤く染まるのは、
たいていの方がレッズ印の赤いレインポンチョを着ているからです。
2008032412.JPG2008032413.JPG
左:30分後ぐらいでしょうか?代表(=社長)とGM(現場責任者)が登場。
交わされているコトバはかすかにしか聞こえませんでした。
あとでオフィシャルサイトをみたら、
「We are REDS はしばらく言わない」とサポーター側が言ったのだそうです。
右:その様子をピッチサイドから見守る報道陣。
格好のネタでしょうが、当事者たちにしてみればホントに切実なんです。
応援したいけど、しない。できない。それがどんなに辛いことか。。。
この試合の応援の量はかなり抑えめ・短め・シンプルでした。
2008032414.JPG
反対側のゴール裏は空っぽ。看板類も撤収済み。
くまひこさんと2人、最後まで見届けようと思っていたら、
会場係の方に退場を促されたので帰ってきてしまいましたが、
話し合いは試合後から1時間近く続いていたそうです。

昨日、中2日で行われたアウェイでの京都サンガ戦は、
ウチはスカパー!に入っていないので中継が観られず。
こういう時はPCでジリジリしながら速報を見ていたのですが、
意を決して浦和パルコに行きました。
レッズのコミュニケーションスペース「REDS GATE」で、
今シーズンはホーム・アウェイ問わず全試合を中継するのです。
2008032402.JPG2008032403.JPG
左:試合前、水内猛さん(レッズOB、写真中央)が司会のトークショー。
ゲストはこれまたレッズOBの阿部敏之さん(写真右)。元祖「アベちゃん」です。
右:街頭テレビに群がって力道山の試合を観るがごとくの風景。
チラチラとしか観えなかったし立ちっぱなしだったけど、
実況の音声が聴けるだけでもありがたいことです。
集まったヒトの中にはユニフォームやマフラーを身につけた方もチラホラ。
年齢層も幅広いのはスタジアムと一緒です。
スタメンは神戸戦と全く同じ。ケガが癒えた田中たっちゃんもベンチ入り。
待望の、長い長い沈黙を打ち破るゴールは前半19分!
アルビレックス新潟から新加入のエジミウソン選手からもたらされました。
喜びが弾け、隣にいるヒトとハイタッチしまくりです。
続く35分、再びエジミウソン選手がゴール。
直後に1点を失うものの、すぐさまエジミウソン選手が3ゴール目を決める。
なんとなく守備ラインに不安はあるけれど、
エジミウソン選手をやや前目に配して梅崎・永井選手がかき回す攻撃陣が機能し、
相馬・平川選手の両サイドからは幾度となくクロスボールが供給され。。。
前半は素晴らしい試合でした。が。
後半開始と同時に2人の選手を代えてきた京都に対応し切れていないうちに、
鹿島から移籍してきた柳沢選手に2点目を決められてからはまるで別チーム。
このあたりが負け越しているチームならではなのでしょうか?
攻撃陣は攻め疲れたのか運動量が落ち、守備陣は明らかに混乱。
2失点目から10分も経たないうちに同点に追いつかれてしまいました。
結果は3-3の引き分け。
「あれだけ遠かったゴールが3つも取れたのだから勝てる!」
そう思っていたけれど、現実はそんなに甘くない。
京都はよくまとまったチームだったと思います。神戸もだけど。
というかねぇ。。。やっぱりレッズ対策はどこもキチッとやってくるんですよね。
レッズが必死に「負けないサッカー」でアジアとJリーグの2冠を追ってた昨シーズン、
他のチームはしっかりと「勝てるサッカー」を研究し実践してきた感じ。
建て直しながら勝ち点を積み上げてくのは難しいけれど、チャレンジしてほしいなぁ。
土台を作るために今の試練があると思って、ねぇ。
でも。。。一番のクスリはやっぱり「勝利」なんだろうか。
次の試合は、今季未勝利のアルビレックス新潟です。
ああ~、また格好のネタだよ。。。
弱かった頃のレッズは勝ったことがニュースになるぐらいだったそうですからね、
オールドサポーターは「レッズらしい」と余裕で見守ってるんでしょうねぇ。

ともかく、レッズは着実に前に進んでおります。
代表選手が戻ってきて、混乱しないことを祈るばかりでございます。
あさってはバーレーン戦かぁ。
うーん、難しい相手だよなぁ。。。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

J1第2節vs名古屋@埼スタ(080315)。 [URAWA REDSのこと]

早速ですが、恒例の歩数計データから。

 ・期間:3月10日(月)~16日(日)
 ・歩数:79611歩(対前週比+8578)
 ・消費カロリー:2252kcal(同+155)
 ・減った脂肪:77.9g(同+5.4)
 ・評価:76点(同±0…3週連続)

最も少なかったのは、10日(月)の7502歩。
月曜は仕方がないのです。。。コープの宅配が届くので。
最も多かったのは、15日(土)の18888歩。
サッカー観戦に行ったからですね。
試合終了後の混雑をやり過ごすため、
イオン浦和美園で2時間もぷらぷらしなければもっと少なかったでしょう。
試合に勝っていれば早くウチに帰って、
録画を観ながら今季初勝利を祝う気にもなったんですけどね。

はい、負けました。名古屋グランパスに、0-2で。開幕2連敗、17位です。
加えて昨日、オジェック監督の契約解除が決定、
4年間ヘッドコーチを務めてきたエンゲルスコーチの監督就任が発表されました。
去年の終盤に失速してリーグ優勝を逃した時点で一度浮上した話ではあったけれど、
(その後のクラブワールドカップ3位でうやむやになった。。。)
今月いっぱいぐらいは様子を見るかな?と思っていたので、正直ビックリ。
その一方で、そういう方法でしか打開できないような事態に陥ってたのかと思うと、
なんだか悲しいというか、切ないというか。。。
応援しているチームにこういうことが起こると、こういう心持ちになるんだなぁ。
監督が無策というなら、自分たちでなんとかしようと思わなかったのか?
なんとかする気が起きないほど、チームの雰囲気は悪かったのか?
多分、そうなんだろうなぁ。。。
去年のアベちゃん、今年の高原選手・エジミウソン選手・梅崎選手、
ステップアップの場としてレッズを選んで移籍してきた選手たちに申し訳ない。
厳しいポジション争いを承知で加入した新卒の新人選手に対しても。
私が謝るのはおかしいんだけど。。。ゴメン、ゴタゴタしてて。
ともかく、リセットして仕切り直しすることになったからには、
もはやオジェック前監督を理由にできません。
選手たちがサッカーを楽しまなければ、私たちも楽しめない。
もちろん、この「楽しむ」には「闘う」も含まれています。
エンゲルス新監督は就任会見で「情熱的」というコトバを使っていました。
選手の闘争心に火をつけてくれることを期待してやみません。
「あっ、こんなんでいいんだ!」という形が見えて、
チームとして同じ絵が描ければ(鈴木啓太選手の名言)、
1点・1勝はおのずとついてくる。。。ことを信じて、応援し続けます。

では、写真を。
2008031701.JPG
試合開始2時間前の埼玉スタジアム2〇〇2。快晴、開幕日和。
2008031702.JPG2008031703.JPG
左:おねえちゃんも妹ちゃんも田中たっちゃんが好きなのね。
右:試合前のスタジアム周辺では持参したボールで遊ぶ子がたくさん。
2008031704.JPG2008031705.JPG
左:三菱自動車ブースに、高原選手の通勤車「トライトン」が展示されてました。
右:スタジアム正面前の広場には、サッカーボール型のジャングルジムが。
2008031706.JPG
正面です。選手、VIP、関係者などはコチラから入場します。
2008031707.JPG2008031708.JPG
左:ランチ。前々から食べてみたかったパルミジャーノ・カレーをゲット。
右:もうちょいチーズが溶けててほしかった。。。味はまあ、フツウでした。
2008031709.JPG2008031710.JPG
左:リユースカップの回収所。今年は阿部・鈴木・永井の3選手が呼びかけます。
右:岡ちゃん発見!同じ部屋にはオシムさんもいらしてたそうです。
2008031711.JPG2008031712.JPG
左:名古屋のピクシー改めミスターこと、ストイコビッチ監督。
右:名古屋サポーター。試合前から上半身裸のツワモノも!応援、熱かったです。
2008031713.JPG2008031714.JPG
左:レッズのスタメン。
闘莉王選手が負傷離脱、代わりに五輪代表候補の細貝選手が入りました。
右:名古屋のスタメン。
前列の右端、黄色のスパイクが玉田選手。日本代表に選ばれましたね。
2008031715.JPG
布陣は前節と同じ「3-5-2」。
GK:都築、DF:阿部・堀之内・坪井、左WH:相馬、右WH:平川、
ボランチ:細貝・鈴木、トップ下:山田、FW:高原・エジミウソン。

名古屋の先制点は前半14分。
川崎フロンターレから移籍したマギヌン選手の左からのクロスボールを、
ノルウェーの鳥人=名古屋のヨン様ことヨンセン選手がヘディングで。。。
オランダリーグに移籍した本田選手がやってたことをマギヌン選手がやっただけで、
名古屋得意のパターンでした。きっと何度も何度も練習してそうな。。。
だから、それほど心理的なダメージはなかったんですよね。
時間もまだたっぷりあったし。。。
でも。玉田選手の動きがキレてました。かき回してた。
中盤もこぼれ球をよく拾って前線に送ってたし、
何より生き生きと、楽しそうにプレーしてたのが印象的でした。
新監督効果、なんですかねぇ。
レッズの方は簡単にボールを失うわ、
せっかくマイボールにしてもパスの出しどころがなくて右往左往するわ。。。
NHKで全国中継されてるのかと思うと恥ずかしくなるような動きのなさ。
良い形が作れないまま、前半は0-1で折り返しました。
後半は高原選手が下がって永井選手がイン。
なんとかチャンスを作ろうと縦横無尽に動き回ります。
が、「おっ!なんかいい感じじゃない?」と思った15分頃。。。
鈴木啓太選手に代わって梅崎選手がイン。
梅崎選手を入れるのはいいけれど、なぜ鈴木選手を下げるのか?
山田選手がポジションを1つ下げてボランチに入りましたが、
その8分後。。。
GK都築選手がオフサイド後のボールの処理を誤る痛恨のミスを犯し、
2点目を奪われました。
その後のレッズは、名古屋にしてみたら全く怖くないチームだったと思います。
光明といえば、細貝選手の頑張りかなぁ。
ドイツに移籍した長谷部選手ばりにもっともっと声出して、
チームに勢いを持たせるような熱いプレーをみせてほしい。
彼なら出来るかも!と思いました。
梅崎選手もまだまだ。先輩たちに遠慮せずに主張していいと思う。
アベちゃんは。。。相変わらずですが、誰よりも全力でした。

2008031716.JPG2008031717.JPG
左:一番右端が、最後の采配となってしまったオジェック元監督。
その隣の黒いジャージ姿がエンゲルス新監督。給水しているのは梅崎選手。
右:売り切れにはなりませんでしたが。。。5万人超です。
埼スタ名物のシートによるコレオグラフィーやデカ旗による演出は全くありませんでした。
2008031718.JPG
試合後、挨拶を済ませて引き上げる選手たちにブーイングが浴びせられます。
ロッカールームへ下りる階段の入り口には、仲間を励ます闘莉王選手の姿がありました。
2008031719.JPG2008031720.JPG
左:ただただ足が重い帰り道。
右:浦和パルコには垂れ幕が掲げられ、久々に赤く染まってましたが。。。
2008031721.JPG2008031722.JPG
左:スタジアムでいただきました。左はステッカー。
赤い小冊子は「レッズと私」というエピソード集。キリンビール埼玉統括支社が編集しました。
右:昨日、予約していた2007シーズンのイヤーDVDが届きました。
ワシントン選手・ポンテ選手の凄さ、存在感にひたすら感服。。。

まあ、鹿島は快調に走っていますが、
優勝候補に挙げられてるガンバ・川崎も苦しんでいるし!
混戦模様の方がおもしろいですよね!
新生・レッズ誕生の代償としてなら、2敗ぐらいどうってことない!
カラ元気でも出さねばなりません。。。
20日と23日にはナビスコ杯の予選がありますからね。
勢いのある神戸・京都と代表勢抜きで戦わねばなりません。
そこでなんとか形を作って、
30日のリーグ戦第3節(vs新潟)は開幕仕切り直しだぁ!


それにしも。。。オジェック前監督。
たった2試合での解約解除、ショックでないワケがないよなぁ。
でも、選手との間に何があろうと、
アジアの頂点に一緒に登った仲間であることに変わりはありません。
あれを日本での良い思い出として、新たなキャリアを積んでほしい。
お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

J1第1節vs横浜Fマリノス戦@日産スタジアム(080308)。 [URAWA REDSのこと]

ご報告申し上げます。
土曜のJリーグと共に、我が家の花粉症も開幕いたしました。
それも日産スタジムで!正に「現場」ですよ。。。
トヨくん・カオルちゃん夫妻と一緒の観戦だったので、
帰りは渋谷で居酒屋ゴハンしたのですが、
正直に言ってハナミズとの格闘で味がよくわかりませんでした。
試合結果(というより内容だなぁ~)とのダブルショックでアタマも回らず、
あれこれ頼みすぎて胃の許容量をはるかに超えちゃったというのに、
とどめに最寄ファミマでプリンを購入。。。
もう、目も鼻もノドも胃もアタマも全部マヒ!
土曜は防寒に気をとられてて、花粉に関しては無防備だったんですよねぇ。
その教訓を生かして、昨日の外出はマスクを着用。
クシャミ・ハナミズに関してはだいぶ緩和されたけど、
メガネかけててもあれだけ目がかゆいって。。。
かけていなかったら?と思うとゾッといたします。
84歳にして初めて花粉症になったばあちゃんの「体内花粉ダム」に対して、
水たまりぐらいにちっぽけな私のダムが決壊したのはもう30年も前のこと。
思えばあの頃はまだ「花粉症」なんて言葉は知られていなくて、
ハハと2人でグジュグジュしながら「春の鼻炎」と呼んでいたものでした。
発症された皆様、ココロよりお見舞い申し上げます。
「憂鬱だ」「気が重い」と口にすると余計に負けそうなので、
あまりナーヴァスにならずに「気のせい、気のせい」でうっちゃりましょう。

おっと、後回しにするとどうでもよくなってしまうので、歩数計の累計データを記します。

 ・期間:3月3日(月)~9日(日)
 ・歩数:71033歩(対前週比-9382)
 ・消費カロリー:2097kcal(同-232)
 ・減った脂肪:72.5g(同-8.1)
 ・評価:76点(±0)

実は。。。外出を全くしなかった日が1日あったんですよね。6日(木)。
なるべく買い物や用事は1日で済まさずに散らしているのですが、
(うらやましい?でも、これはこれで結構しんどいんです)
ついに何もなくなってしまって!まったり読書などをして過ごしました。
1日あたりの歩数が最も多かったのは、8日(土)。
そうです、日産スタジアムでJリーグの開幕戦を観た日であります。

2008031001.JPG2008031002.JPG
左:前夜の雨に洗い流され、一点の曇りもない青空が広がる。
ああ、素晴らしい開幕日和。。。
右:JR小机(こづくえ)駅から日産スタジアムへ到る道。
地元小学生による絵が掲げられてました。ところどころにマリノスの選手のサインも。
2008031003.JPG
開場は11時。10分ぐらい前に到着すると、すでに赤い人波が。。。
私たちの席はメインスタンドだったので、マリノスサポーターも混じっていました。
2008031004.JPG2008031005.JPG
左:日産スタジアムには今シーズンから新しいお店がいくつか登場したとか。
ココは、デパ地下などによく入っている「たごさく」。
右:おにぎりコンボを購入しました。おかずがたくさん入っているのが嬉しい!
おにぎりもほんのり温かくて美味しかったです。確か550円だったかな?
2008031006.JPG2008031007.JPG
左:さりげなく「国産」の文字が主張しています。
中華街のある横浜らしい食べ物ではありますが、いくら本格でも300円はちと高いなぁ。
右:試合前のピッチでは親子サッカー教室が繰り広げられていました。ううむ。
選手入場前にはチアリーダーも登場。つくづく埼玉スタジアムって硬派なんだなぁ。。。

コレは、ちょっと「へぇ~」な光景ではないでしょうか?
2008031008.JPG
レッズサポーターにはおなじみの、必勝祈願のダルマくん。
ホーム・アウェイ、国内外を問わず、レッズのゴール裏で選手を見守っています。
さすが開幕戦、ピカピカだぁ!
こんなふうにサポーターから会場係の方に託されているのです。
2008031009.JPG2008031010.JPG
左:金のお座布団と共に丁重に抱えられて、
右:ゴール裏の広告ボートの隙間にしっかり据えつけられていました。
もちろん、会場係は試合を運営するマリノス側の方です。
この儀式に応じるのは、きっと暗黙の了解なんですよね。
「オレ、今日レッズのダルマ運んじゃったぜ!」なんて誰かに自慢したりして。。。
私ならそうしますね。白手袋して運んじゃうかも。

2008031011.JPG
キッキオフ1時間前。
ウォーミングアップのために選手が出てくる前から、レッズ側ではコールが始まります。
スクリーンに流れていたマリノスの選手のコメントは、一瞬でかき消されました。
会場内の赤と青の割合は4:6ぐらいでしたが、音量は逆に6:4ぐらいだったのでは?
2008031012.JPG2008031013.JPG
左:横浜名物=トリコロール傘踊り。フツウの傘より小さめだそうです。
右:頑張ってましたが、タイミングが統一されていなかったような気が。。。
2008031014.JPG
選手入場。レッズのスターティングメンバーは、
GK:都築、DF:坪井・闘莉王・堀之内、ボランチ:阿部・鈴木啓太、
右WB:平川、左WB:相馬、トップ下:山田、FW:高原、エジミウソン。
サブは、GK:山岸、DF:細貝・内舘、MF:西澤・梅崎、FW:田中・永井。
この時は。。。まるで桜が咲いたかのような喜びに踊ってましたねぇ。
だって、凄いメンバーじゃないですか。。。負ける気がしないですよ。。。

でも。サッカーは、「かかわりあい」のスポーツなのです。
個々のコンディションも考えてることもバラバラでは、ゴールは生まれません。
うまくいかない→誰かにまかせる→なんとか打開しようとして孤立する→うまくいかない。
レッズが自分たちで悪くしていくパターンそのものでした。
一方のマリノスは、最初から鬼のプレッシャーをかけてきました。
高原・エジミウソン両フォワードに徹底して前をむかせなかった。
こぼれたボールを確実に運んでサイドに展開し。。。
あれ?コレ、良い時のレッズみたいじゃない?
「この一戦に勝つこと」だけをイメージしてトレーニングしてきたのだと思いましたねぇ。
それを超えることがレッズの課題。。。いや使命なんだけど、
まだまだ準備が足りていないように見えました。。。
お互いの良いところを消したかと思えば引き出し合う、
そんな火花の散るような試合をこのカードには期待してたのになぁ。

2008031015.JPG2008031016.JPG
左:今季からなのか、日産スタジアムだけなのか?
「ただいまのホイッスルはオフサイドです」の表示にどよめきが起きていました。
右:スコアレスで折り返したハーフタイム。
レッズの控え選手とコーチが何やら話し込んでいました。。。
2008031017.JPG
後半15分、マリノスが先制。
実は私、このゴールが入ったところは見ていなかったのです。。。
ゴールの前のプレー、
マリノスの田中隼磨選手が深くサイドをえぐって中央に送ったパスを、
レッズの選手がクリアミスした瞬間、
「うわっ、もうダメ!」とくまひこさんにしがみついて目を閉じてしまっていたので。
ハナミズはとめどなく流れていたけれど、ゴールのニオイはちゃんと感じたんですねぇ。
その後マリノスには1人退場が出たものの中澤選手を中心に守りを固め、
レッズは永井と田中達也を投入してFWを4人にする奇策(ホントに奇策だわ)に出たけど、
鉄砲隊ばかり揃えても弾がこないんだから。。。撃てるワケがない。
そのまま0-1で試合終了となりました。
西に傾いた太陽が、レッズの赤にコントラストをつけていきます。。。
2008031018.JPG2008031019.JPG
左:歓喜に沸くマリノスの選手たち。新外国人2人のフィット具合は脅威でした。
右:サポーターに挨拶するレッズの選手をカメラが取り囲む。ああ、いつか見た光景。
2008031020.JPG2008031021.JPG
左:引き上げる足取りは一様に重く。。。
右:ひとり離れたところを歩き始めた闘莉王選手は憮然として見えました。

かくして、ブログタイトルの下の一文が示すように、
我らが浦和レッズは黒星スタートとなりました。
1試合だけだから順位はあてにならないけど。。。18チーム中15位。
さあ、ここからどのぐらいの速さで、どこまで上げていけるでしょう?
なんでも、試合後の監督コメントによると、
チームとして機能するには6週間かかるのだとか。。。
この「6週間」というコトバ、
レッズサポーターの間での今年の流行語候補になりそうですが、
「ホントにそのとおりだったね!」と笑って語れることを祈ってやみません。
どのぐらいのスピードで、どこまで上がれるか?
上がる楽しみがあるから、15位というスタートも悪くない。。。かな?
っていうか、もしかしてレッズの選手の中にも花粉症が何人か?
だとしたら「6週間」っていうのもあながち間違っていない気もするなぁ。。。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

J開幕まで、まだ?もう?半月。 [URAWA REDSのこと]

昨日ご紹介した2つのスグレモノ。。。
まずエコ加湿器「ミスティガーデン」の使用感ですが、
帰宅したくまひこさん曰く、「なんか、空気がいつもと違うような気がした」。
湿度というよりも、質そのものの変化を感じたのだそうです。
寝室に置いて寝てみたところ、ありましたよ~さらに具体的な変化が!
夢を見たんです。。。ミュージカルで歌い、踊り、演じまくってる夢を。
それはそれはキモチがよく、目覚めも爽快。
他に思い当たる理由もあるので半分ぐらいはそのせいだと思いますが、
プラスに作用したことは確か。
ちなみに「1日だけ誰かになり代われるとしたら?」と聞かれた時、
私の答えは既に準備されています。

 「大地真央になって帝国劇場(もちろん満員御礼)の舞台に立ち、
               "マイ・フェア・レディ”のイライザを華麗に演じる」

特にミュージカル好きってワケじゃないですけどね。
むしろあまりにも自分と対極で、非日常だからこその夢です。
ヒギンズ教授は草刈正雄さんか市村正規さんにオファーを出したいと思っています。
う~ん、我ながらかなり具体的。
どこかで「さんま玉緒のあんたの夢かなえたろか」のロケしてないかしら?
一方、マーブルコートフライパンはというと、こちらはかなりの手ごたえがありました。
昨夜は炒め物・今朝は目玉焼きを作ってみたのですが、
とにかく熱効率がいい!調理が早い!それまでの8割の時間で出来ちゃいました。
ということは。。。省エネってことですよね!
買い換えるなら是非マーブルコートをオススメします。
5万回の使用テストをクリアしたそうなので、1日2回使ったとして約68年持つ?
算数は苦手なのでこの計算はあてになりません。。。あしからず。

さて、わがマチ・ウラワの少年たちの夢といえば、サッカー選手なのではないかと。
しかも日本代表ではなくて浦和レッズの選手ではないか?と。。。
だってカッコいいじゃないですか~、ほら!

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | 次の10件 URAWA REDSのこと ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。