So-net無料ブログ作成
検索選択

二度目の成人式とは言うけれど。。。 [日々のこと]

昨夜、マリオが夢に出てきました。
ご存じない方のために申し上げますが、
彼は私の実家のネコ。2007年の8月、星になりました。
マリオが人生最初で最後の家出をしたのは2002年の1月のこと。
寝る前にくまひこさんとその話をしてたから夢に登場したのだと思うけど。。。
誕生日だから出てきてくれたと解釈することにしました。
マリオに会ったの、久しぶりだったなぁ。
もともと一緒に暮らしてた時期は短かったので、
存命の頃からすでに懐かしい存在で。。。
だから今も懐かしくて、この世にいないことをまだどこかで信じてなくて、
駅のホームで電車を待ってる時なんかに涙がツツーッとこぼれたりする。
そういうこともきちんと現実として受け止めなきゃ。
これから、幾多の別れを乗り越えていかなきゃいけないのに。

ああ、何ということでしょう!
温かいお祝いのコメントやメールをたくさん寄せていただいたのに、ふと弱気になりました。
大丈夫か、四十路ランナー。。。
「なるべく早く帰るね」と宣言して出勤したくまひこさんはまだ仕事中(現在21時42分)。
こんなこともあろうかと、日曜に前祝いをしておいたワケですが。。。
私の大好物であるお赤飯の素(簡単に炊飯器でできるヤツ)をハハが送ってくれて、
ガッツリ炊いたはいいものの、いくら好きとはいえ一人赤飯は寂しかった~。
フツウのごはんにすれば良かった。。。ゴマ塩が歯に染みました。
クリスマスも、くまひこさんの誕生日も、
「今度こそ!」と思ってたバレンタインも焼かなかったケーキも焼くつもりでいたけど、
深夜にいそいそと食べるのはイヤだったので見送りました。
平日の誕生日、そんなもんですよね~。

コチラは、昨日おとなりのキョーコさんにいただいたお花。
2009021701.JPG
コレがあるのとないとでは大違いでした。
花に「おはよう」と言える誕生日の朝ってなかなかイイもんです。
いつもココには、一昨年キョーコさんからいただいたプリザーブドのプチアレンジがあって。
キッチンに、ダイニングに、癒しオーラを放ってくれています。
さらにキョーコさんからはこんな素敵なアイテムをいただきました。
2009021702.JPG2009021703.JPG
左:淡いサクラの花びらが散りばめられた和っぽいミニトートと、パンダポストカード。
花粉症シーズンに嬉しいガーゼハンカチは早速使うべく洗ってしまいました。
右:年中さんのちびちゃんからいただいたカードと作品たち。
ちゃんとパンダの絵も描いてくれました。なかなか上手いんだなぁ~これが。
キョーコさんには、夕方お茶に呼んでいただいたのです。
1日早く誕生会をやってもらったような気分で。。。
あれがなかったら、今日はかなりブーたれてた気がします。
こうしてまたキョーコさんに助けてもらってるよ。。。
私にできることは何だろう?ちびちゃんたちのお相手をすることぐらいかしら?
赤ちゃんはどうしたらいいかわからないのですが、
2歳ぐらいになった幼児と遊ぶのは得意なんです。
って、ココでアピールしても仕方ないけど~。

コチラは、モリオカのあやこふちゃんからのいただきモノ。
2009021704.JPG
香港旅行の際にゲットしてきてくれたパンダグッズたちに、笑いが止まりませんでした。
クッキーにストラップ、チープ感がたまらないホログラムのコースター。。。
アコーディオン式になってるカードもパンダも香港みやげかな?
中国茶の中でも人気上位に来る龍井(ロンジン)緑茶もあるなぁ。
そして「惜しみなく使ってください」というシール3種、
東京待ち合わせ案内」という本。。。もちろん上野駅の巨大パンダも載ってます。
エッジの効いたモノから脱力系のモノ、王道モノまで、
福袋のようにぎっしり詰まっておりました。
あやこふちゃん、毎年愉快な贈り物をありがとうございます!

そしてコチラは、フクシマ時代の先輩・ルイねえさんからのいただきモノ。
2009021705.JPG2009021706.JPG
左:リクエストしたPUMAのフィットネス用バッグ。
グレイ地にオレンジのステッチが映えて。。。ジム通いだけじゃなくプチ旅にも活躍しそうです。
右:今は使っていらっしゃらないというバランスボールを譲っていただきました。
あと、焼き菓子と「サンドでパンだ」という調理器具。気になってたんですよね~実は。
「食べた後はしっかりカラダを動かしなさい!」というメッセージでしょうか。。。
ルイねえさん、いつもワガママなリクエストを聞いてくださってありがとうございます。
忘年会も新年会もお互いの誕生会もできていませんが、
暖かくなったらぜひお花見宴会しましょうね~。
なんなら、一吟ご披露させていただきますよ!

マジメな話。。。
今年に入ってから、40歳という節目を迎えることについてツラツラと考えてきました。
ひとつ、確実に言えるのは、
ここまで来られたのは自分の力ではけしてなくて、
親の頑張りや周囲のサポート、高度経済成長という時代の追い風があったからこそ。
順調に転がってみえたのは、「惰性」に過ぎないということです。
んで、ここからは真の「地力」。。。いや「自力」が物を言うのではないか、と。
甘えてばかりで努力もさほどせずに生きてきた自分に、そんな力はあるのか?
もしかしたら、ないかもしれない。
くまひこさんと2人でようやく1人分ぐらいかもしれない。
それを2人分に近づけていくために、どうしたらいいか?
丁寧に恩を返していくことぐらいしか、まだ思いつきません。
何とか返せたかな。。。と思った時は80歳ぐらいになってたりして?
ホントなら、20歳の頃は学生だったからまだムリだとしても、
30歳ぐらいの時に今のような心境に達してなければいけなかったような気もします。
だから、40歳は二度目の成人式どころか、
ようやくヒトとしてのスタートラインに立ったようなもんだと思う。
「不惑」なんていうふうにも言われるけど、
振り子のように揺れながらバランスを取りつつ真実に近づいてくのが自分の型のようなので、
これからも大いに迷って、戸惑って、考えて、歩いていきたいと思います。
四十路の景色も楽しみだぁ~。

ところで。。。
「女子」というコトバを自分に使うのを許されるのって、やっぱり30代までですよね?
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。