So-net無料ブログ作成
検索選択

のんき・げんき・南紀旅その1。 [旅のこと]

詩吟がお休みの今日は、おとなりのキョーコさんとのんびりランチ。
先月、2人で「スイーツセミナー」に参加した時に「近々行きましょう!」と盛り上がり。。。
浦和パルコ5Fのイタリアンのお店=「パパミラノ」で気が付けば3時間!
のんびりにもほどがあるって感じですが、
なにせパン食べ放題・ドリンクバー付だったもので。。。ついつい根が生え。
パンのお代わりもさすがに3回は回ってきませんでした。
もうすぐ2歳のお誕生日を迎えるチビくんもベビーカーの中ですやすや寝ててくれたので、
気分はすっかり2人っきり。
毎日メールが飛び交っているにもかかわらず、
ご近所の話や家電の買い替え話、さいたま市への不満(!)に至るまで、
実にいろいろなことをゆ~っくり・ま~ったり語り合いましたねぇ。
キョーコさんと初めてお会いしたのは引越しのご挨拶に伺った時。
だんなさまの後ろから恥ずかしそうに顔を出したんですよね。
その様子がちっちゃい女の子みたいで、すごく可愛らしくて、
「おとなりさんがこの方で良かった!」と思って。
不安だったんですよね~、堂々と自信たっぷりに登場して、
頭のてっぺんから足の先まで見るようなヒトだったらどうしよう?って。
あの時の印象は、3年経った今でも全く変わりません。
末永く、付かず離れずのお付き合いができたらなぁ~と切に思います。
次なるランチ計画も何となく決まったし。。。
園ママが集う、住宅街の隠れ家的ごはん処があるそうな。楽しみ楽しみ。

ええと。。先月の和歌山ツアーの報告、すっかり遅くなりまして!
だいぶ記憶が薄れてきた部分もありますが、満を持してアップしたいと思います。
旅の目的は「アドベンチャーワールドで9月に生まれた双子のパンダとの対面」。
2002年5月に初めて訪れて以来、今回が5回目の和歌山行きでありました。
「我が家がそれほど熱くなれる赤ちゃんパンダとは、いかほどのものか?」
そんな純粋な興味から、くまひこさんの友人=ヨコちゃんが同行。
パンダにおやつがあげられるバックヤードツアー付の素晴らしいツアーを発見したので、
5回目にして初めてパッケージツアーで行ってみました。
JALツアーズ「ぶらり アドベンチャーワールド パンダバックヤードツアーと
南紀白浜で遊ぶ 2日間」。。。往復航空機利用・1泊2食、3名1室で1人37800円。
宿はもちろん、万葉の時代から高貴な方々が湯治に訪れた南紀白浜温泉。
アドベンチャーワールドの1日入園券3600円と、
現地移動用のレンタカーを1台8500円(1泊2日分)をプラスし、1人4万ちょっとの旅でした。

1日目は完全にフリー。
ヨコちゃんのリクエストで、熊野本宮(ほんぐう)大社方面に行くことになりました。
ウチは前々回。。。2006年1月に1度行っております。
羽田から約1時間のフライトを経て、南紀白浜空港に着いたのは10時半ごろ。
迎えのレンタカー屋さんのワゴン車に乗り込んでJR白浜駅前に移動。
演歌歌手・坂本冬美ちゃんの故郷=上富田(かみとんだ)町を経て、
国道311号線を北東に向うこと約1時間。。。田辺市の「滝尻王子」に到着しました。
「王子」とは熊野本宮大社の分社。
熊野古道の中辺路(なかへじ)ルートに99ほど分祀されているそうで、
熊野詣の道しるべや休憩所の役割を果たしていたそうです。
99の中でも重要な王子は「五体王子」といい、「滝尻王子」はその1つであります。
2009020602.JPG2009020601.JPG
左:旅のお供はマツダのデミオ。キビキビ走る良いクルマでした。
右:無料駐車場から滝尻王子までは徒歩3分といったところ。
2009020603.JPG
祠の後ろにそびえる巨木。一区間だけ古道歩きをすることにしました。
2009020604.JPG2009020605.JPG
左:間違えるヒトもいるようです。
右:次の「不寝(ねず)王子」までは距離にするとわずか400mですが、
標高差がかなりありまして。。。心臓バクバクで写真を撮る余裕もなく。。。
あまりの険しさに別ルートが作られた事実を知ったのは、下りてきた後でした。
途中に藤原秀衡ゆかりの「乳岩」があり、この地と岩手との縁にビックリ。
2009020606.JPG2009020607.JPG
左:記念撮影に大活躍!ぐにゃぐにゃ曲がる三脚はくまひこさんの新兵器。
右:「滝尻王子」のすぐ傍にある土産物店。まつぼっくり3個で100円。
2009020608.JPG2009020609.JPG
左:その土産物店の老ラブラドール。得意技は「エア・お手」。
右:みかん買いました。5個で100円!小ぶりだけど甘くて美味しかったぁ~。
比較的歩きやすい古道をもう1区間歩いてみても?と思ったものの、
すっかり疲れてしまったし時間も限られているし、雲行きも怪しい。
熊野本宮大社を最優先にしたいけど、その前にお昼にしよう!ということで、
国道311号沿いにある「いっぽう杉」というお店に入りました。
2009020610.JPG2009020611.JPG
左:外観はこんな感じ。「滝尻王子」からはクルマ30分かからない程度でした。
右:名物の「梅ずし」。梅味の押し寿司ですね~。
2009020612.JPG
人気の「あんかけうどん」を頼みました。具たっぷりで大満足。
他に「コサメ」という川魚の南蛮漬けもいただきました。
このお店の近くにある「継桜(つぎざくら)王子」は前に散策したことがあり。
ここにも藤原秀衡ゆかりの桜の木があるんですよね~。
他にも那智の方角だけに枝を伸ばす「野中の一方杉」や「野中の清水」、
茅葺屋根の茶屋なんかもあり、道も平坦で歩きやすいのでオススメします。
ちなみに、「滝尻王子」から「継桜王子」までは18km。
さらに「継桜王子」から熊野本宮大社までは22km。。。徒歩なら1泊しないとキビシイですね。
クルマならするっと1時間でございます。
それでも、なんやかんやで熊野本宮大社に着いたのは午後3時ぐらいになっていたでしょうか?
2009020613.JPG2009020614.JPG
左:熊野は3回、伊勢は7回お参りしないといけないらしいですよ。
右:石段。。。きつかったなぁ。。。
2009020615.JPG2009020616.JPG
左:この奥は撮影禁止となっております。
右:参拝には順序があることを知ったのは、お参りした後でした。。。
2009020617.JPG2009020618.JPG
左:境内のあちこちで「やたがらす」を見かけました。
右:「やたがらす」といえばサッカー日本代表!ということで、こんなお守りも。
2009020619.JPG2009020620.JPG
左:石段と並行して、熊野古道がひっそりと。
右:片側にはフツウに民家があるんですよね~。
ホントは、もともと熊野本宮大社のあった大歳原(おおゆのはら)まで足を伸ばしたかったけど、
途中で降り出した雨が強まってきたので断念。
熊野川のすぐそばにあって、ものすごく神聖な空気の流れてる場所なので、
ヨコちゃんにもぜひ見て欲しかったんだよなぁ。。。
熊野川みたいな川は後にも先にも見たことがありません。
あの川は。。。特別な川です。具体的に表現できなくてもどかしいのですが!
2009020622.JPG2009020621.JPG
左:熊野みやげ・その1。。。熊野古道ビールは男子用。味は不明。
右:熊野みやげ・その2。。。熊野サイダーはワタクシ用。すっきり微炭酸でした。

はぁ~っ。。。久々の旅ネタでヘロヘロです。電池が切れちゃいました。
ざっくりしすぎてて、何の参考にもなってないよなぁ。。。
続きは週明け、また新たなキモチで書きたいと思います。
よろしかったらお付き合いくださいませね~。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。