So-net無料ブログ作成
検索選択

高尾山、お散歩以上・ときどきトレッキング。 [あのマチのこと]

この秋は、楽しみなドラマがいくつかあります。
キャストたちがPRのためにいろんな番組に出演してるのを観て、
初回を調べつつ録画予約を入れ始めてた矢先、
最も楽しみにしている「風のガーデン」(CX木曜22時)に出演の緒形拳さんが。。。
緒形さんが演じられていたのは、富良野で訪問医療に尽力する老医師。
息子役の中井貴一さんは東京で活躍する麻酔医で末期がんに冒された設定。
脚本は倉本聡さんで、「民放のドラマを書くのは最後かもしれない」とか。
他にも黒木メイサさんや神木隆之介くん、奥田瑛二さん、石田えりさん、大滝秀治さん、
ガッツ石松さんに伊藤蘭さん、歌手の平原綾香さんなど、素晴らしいキャストが揃い、
富良野の大自然のなかでどんな命のドラマが描かれていくのかホントに楽しみで。。。
ドラマのタイトルは緒形さんの筆によるものだとか。
あまりにも急で信じがたいけれど、ただただご冥福を祈るばかりです。
緒形さんの最近の仕事のなかでは、
NHKのドキュメンタリーで世界の各地を旅していた姿が印象的です。
砂漠だったり熱帯雨林だったり。。。健康体であってもキツイ仕事では?と。
自分に残された時間を知って引き受けたのかもしれません。
それにしても、ドラマのクランクアップがついこの前だったなんて!
命の火が消える寸前まで演じ手でいられたというのは、
神様に選ばれた方だったのでしょうね。
緒形さんが演劇界に蒔かれた種は、きっとたくさんの花を咲かせることと思います。
どうぞ安らかにお眠りください。。。

さて。
ちょうど1ヶ月前のことで記憶も曖昧になってきているのですが、
これから訪れる予定がある方もいるかも~と思い、アップすることにしました。
新宿から電車で1時間かからずに行ける、世界一登山者の多い山=高尾山(たかおさん)。
写真の季節感が「夏の終わり」であること、
途中からカメラのレンズが汚れてたことに気づかずに撮ってたこと、ご了承ください。
それと、前・後編に分けた方がいいぐらい長いです。。。
もう繰り越したくなかったので、ぎゅうぎゅう詰め込んじゃいました。お許しください!
2008100701.JPG2008100702.JPG
左:今回は電車を使いました。最寄駅は京王高尾線「高尾山口(たかおさんぐち)」。
ウラワからだと新宿までJRを使って京王線→京王高尾線という経路もありますが、
くまひこさんの定期を活用するために京浜東北線→武蔵野線→南武線とJRを乗り継ぎ、
分倍河原(ぶばいがわら)から京王線を使いました。所要時間はおよそ1時間半。
右:高尾山口駅前のロータリー。観光客の数のわりには小さな駅でした。
ここでくまひこさんの友人夫婦+友人と合流し、総勢5人の道中に。
駅の左側に駐車場がありましたが、正午すぎぐらいでほぼ満車でしたね~。
2008100703.JPG2008100704.JPG
左:駅を出て右手、川沿いの「もみじ通り」。
食べ物屋さんが何軒かありましたが、大通りの方が楽しそうでした。
右:ケーブルカーの発着所、高尾登山電鉄の「清滝(きよたき)駅」です。
向って左側に土産物店が賑やかに並んでいます。時間がなくて寄れず、残念。
2008100705.JPG2008100706.JPG
左:この地点ですでに標高は201m。
右:日本一の急勾配を誇るケーブルカーの料金は片道470円です。
15分おきぐらいに出ていました。ベビーカーもOKですよ。
2008100707.JPG2008100708.JPG
左:動き出してから5分、下ってくるケーブルカーとすれ違いました。
勾配は。。。ホントに急でした。これからの季節、紅葉がかなりキレイだと思います。
右:10分足らずで高尾山駅に到着。
高尾山の標高は599mですから、ここから127mは徒歩で登らねばなりません。
2008100709.JPG2008100710.JPG
左:高尾山駅の様子。麓の「清滝駅」にも明治製菓の看板がありました。
右:駅もよりの茶屋にて。怖いス。。。
2008100711.JPG2008100712.JPG
左:高尾山駅からは参道を歩きます。登山というよりは散歩気分。
歩き始めて10分足らず、「たこ杉」と呼ばれる大木が出現します。
右:参道の両側には近隣の市町村などから寄進された像が点在。
埼玉や群馬などの地名も見かけました。
2008100713.JPG2008100714.JPG
左:「たこ杉」から2~3分、「浄心門」が現れます。
ここからが744年開祖・真言宗の高尾山薬王院有喜寺となります。
右:奥に見えるのは「男坂」と呼ばれる108段の急な石段。。。
比較的ゆるやかな「女坂」もあるのですが、あえて「男坂」を登りました。
2008100715.JPG2008100716.JPG
左:登り切ったところで張子のわんちゃんに迎えられました。
「お休みください」とばかりに佇む「権現茶屋」です。
右:揚げ餅をいただきました。石段で払ったハズの煩悩が早くも復活!
ぶどう味の「権現ソフト」が人気のようでしたよ~。
2008100717.JPG2008100718.JPG
左:しばし休憩ののち歩くこと10分、風情のある「もみじ茶屋」が現れます。
こちらの方が眺めもよく、食べ物も土産物も充実している気がしました。
ここまで頑張って歩いて「おやき」を食べればよかった~と軽く後悔。
右:「もみじ茶屋」のすぐ向かいにある「四天王門」。
昭和59年に再建されたものだそうです。
2008100719.JPG2008100720.JPG
左:高尾山といえば、天狗様。あちこちに天狗がいます。
おじちゃん、ロー・アングルから激写してますね~。
右:お守りやお札のほかに土産物も売られていました。
「権現力(ごんげんりき)」というぶどう酢が試飲できますが。。。けっこうキツかったぁ。
2008100721.JPG2008100722.JPG
左:明治34年に建てられた本堂。意外に新しいのね。
右:大師堂の周りに祀られている「八十八大師」は、
「もののけ姫」に出てくる「こだま」のようです。わかりにくいかな?
2008100723.JPG2008100724.JPG
左:「飯縄権現堂(いづなごんげんどう)」。壮麗な建物です。
江戸時代後期の建立で、平成10年に大改修されたのだとか。
華やかな色彩と、細密な彫刻。。。もっとじっくり見たかった~。
右:「奥の院不動堂」を経て10分ほど歩くと山頂に到着します。
歩きやすく整備された道なので、ヒールでもギリギリOKだと思います。
2008100733.JPG2008100734.JPG
左:たぶん、これが「山頂」なんですよね。
茶屋やビジターセンターもありましたが、思ったより狭くてガランとしていました。
右:おそうじ小僧くん。高尾山は「ゴミ持ち帰り運動」発祥の地なんだそうな。
同じ像が山麓の「もみじ広場」にも居ました。
2008100725.JPG2008100726.JPG
左:この方角に富士山が見えるハズなのですが。。。残念。
相模湾、秩父連山、日光連山まで見渡せるというけれど、冬の朝が狙い目かな?
右:山頂からケーブルカーの「高尾山駅」までは来た道ではなく、
いくつかある登山道のうちの「4号路」を下ることにしました。
2008100727.JPG2008100728.JPG
左:未舗装で、なかなかワイルドな道です。ここはヒールやサンダルじゃ危険!
トレッキングシューズまでいかなくとも、スニーカー着用をオススメします。
右:吊り橋が現れたのは30分ぐらい歩いてからだったか。。。
手付かずの森にビックリしながらの山歩きでした。
2008100729.JPG2008100730.JPG
左:山頂から下り始めて45分、高尾山駅まで下りてきた頃にはおなかがペコペコ。
それもそのハズ、すでに15時近くになっていました。
今回の高尾山行きの大きな目的であるビアガーデン「高尾山ビアマウント」へ!
左:男性3300円・女性および中学生男女3000円・小学生1500円、幼児500円。
2時間の飲み放題・食べ放題が楽しめます。
ビアガーデンとしての営業は9月末日までで、
10月15日から12月7日までの期間限定で「キッチンむささび」が営業されるとか。
2008100731.JPG2008100732.JPG
左:屋外の景色の良い席はすでに埋まっていたので、展望ラウンジ内に陣取りました。
ちょっと霞んでますが、圏央道と中央道の八王子JCTやJR中央本線が見えましたね。
右:お料理は和・洋・中いろいろ。。。おでんやラーメンもありましたねぇ。
お酒もビールだけで4~5種類もあるほか、ワイン・カクテル・甕出しの焼酎も!
すごい勢いで食べたので、写真はデザートだけになっちゃいました。
右上のはマシュマロのチョコフォンデュです。
そうですねぇ。。。お酒を飲む方にはお得かもしれませんが、
私のように飲まない人間にとってはちょっと割高かも。
品数は十分ですが、味は「まずまず」のレベル。景色は良いです、確かに。
改善の余地ありなのはトイレですかね~、
個室内に手荷物をかけるところもなく、清掃も行き届いていなかった。
ミシュランで三ツ星を獲得した観光地にはあまりふさわしくないかも。。。です。
そんなこんなで「ビアマウント」を出たのは16時半ごろ。
ケーブルカーで下りようとしたら100人はいそうな長蛇の列、
じゃあリフトは?と思ったら既に運転終了ということで、
1号路(参道)を歩いて下りたのですが。。。ここで筋肉痛になりました。
下り始めから延々と続く長い坂で泣きが入りましたねぇ~。
急降下したかと思ったら次はくねくね道。
あと少しでゴールというところで雷雨に見舞われ、写真どころではなくなり!
時間はどのぐらいかかったんだろ?1時間近くかな?
最後はかなりしょっぱいことになりましたが、
初めての高尾山はコースによってお散歩にもなるし登山にもなるおもしろい山でした。
あっ、初めてじゃないんだ。。。赤ちゃんの頃に行ったらしいです。
ハハと、都内で寿司職人の修行をしていたハハの二番目の兄と。
わずかな間だったけど京王線沿線に住んでましたからねぇ~。
生まれて初めて乗った私鉄は京王線。
京王線のカラーリング(オフ白・マゼンタ・紺)が好きなのはそのせいかな?

以下、参考リンクです。
京王電鉄:この夏、広末涼子が高尾山のキャンペーンやってましたね。
とことこ高尾山:トレッキングコースの解説が充実してます。
高尾山商店会:食べ物屋さん・お土産屋さんなど、お店の情報はコチラで。
株式会社アーバン:高尾山ビアマウントなどをやってるカイシャ。
高尾登山電鉄株式会社:ケーブルカーのカイシャです。
nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

ナミキング

高尾さん行ってきたんですね。
ケーブルカー気になるな~青梅の近くの御岳山は
自転車そのままのせられるそうです。

杉と苔なら屋久島です。
週末、縄文杉トレッキング(8時間)と九州最高峰
宮之浦(1946m)登山(10時間)行ってきました。
もののけのコダマ見てきましたよ。
天候にも恵まれ、パワーをもらってきました。

地元の焼酎(三岳)手にいれました。
今度お持ちします。







by ナミキング (2008-10-08 12:58) 

たれみみ

無事にお帰りのようで何よりでした~。
屋久島は雨が多いと聞きます。
さすがナミキングさん、晴れ男ですね!
縄文杉にホンモノの「こだま」。。。うらやましい。
高尾山は半分も歩かなかったのに、
3日ぐらい筋肉痛がとれませんでした。
こんなんじゃ屋久島はムリです。。。
ケーブルカーに「輪行」さんはいませんでしたよ!
焼酎のことはくまひこさんに伝えておきます。
お土産話も楽しみにしていますね。
あっ、この前の「「パリブレストもどき」スイーツ。
イタリア料理屋さんのスイーツなので、
「パリブレスト」とは名乗っていませんでしたが、
どう見ても「パリブレスト」ですよね(笑)。
by たれみみ (2008-10-08 18:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。