So-net無料ブログ作成

谷中なかなかエエやんか~その2。 [あのマチのこと]

昨日の夕方、1泊人間ドックから帰ってきたくまひこさん。
無事に。。。と言いたいところですが、いくつか引っかかったところがあるようで。
ピロリ菌が見つかり、中性脂肪は改善が見られず、視力も落ち。。。
これ以上書くと叱られそうなのでやめておきますが、良かったところもあるって!
ガンマGTPが基準値を下回り、フォアグラ(=脂肪肝)気味だったのも治っていた。
初めてオプションで受けた脳ドックで異常が出なかった。
歯科検査の際、「とてもいい状態ですね」とホメられた。
健康維持に関するレクチャーの時間もあったとかで、それが意外と有意義だったみたい。
肩凝り解消体操なんてのも教わってきて、さっそく伝授してくれました。
私もどうやら日帰り人間ドックを6000円で受けさせてもらえるようなので、
最寄の指定病院にぼちぼち予約を入れないと!
このタイミングを逃すと越年しちゃうような気がする。。。

さて、谷中散歩の続きです。
昨日チラッと予告していた「隠しテーマ」は「ネコ」でありました。
谷中はネコに会えるマチと聞いてまして。。。
えふちゃんとどこで会う?という話になった時も「谷中でネコ探し」とリクエスト。
彼女もネコ好きなので、これにはすぐにノッてくれたんですよね。
実際。。。かなりの豊作で!
拙い写真ですが、風景と合わせてご覧くださいませ。

●ファースト谷中ネコ@よみせ通り近く、おおむね正午前
2008070301.JPG2008070302.JPG
主に直線で構成されている路地にネコがぽつんと居るだけで、
風景がものすごく生き生きとしてくるのが不思議です。
コンクリートジャングルに棲む野生、とでもいいましょうか。。。
路地の両脇の古い家屋の佇まいも時が止まったかのようです。

●セカンド谷中ネコ@あかじ坂下、午後2時すぎ頃
2008070303.JPG2008070304.JPG
2008070305.JPG2008070306.JPG
ひもネコちゃんでした。大事にされていることがわかる毛並みの良さ。
まだ若いのかな?ぺたんと腹ばいになっている姿があどけない感じ。
右下の写真、ベビーカーを押していたのはロケンローな風貌の若いパパ。
一緒に写した方が写真としてはおもしろかったかもしれません。

猫町カフェ29(にっきゅう=肉球)@あかじ坂途中、おおむね午後3時前
2008070307.JPG2008070308.JPG
2008070309.JPG2008070310.JPG
ホントはここでランチを。。。と思っていたのですが、残念ながら定休日。
右上の写真は、入り口の屋根の上のオブジェ。
入り口の屋根の下にはお店の中とつながっているネコの道があり、
ラッキーにも2匹の看板ネコちゃんに出会えました。
お店の方がちょうど外に出ていて、ネコじゃらしで遊んでたんですよね。
黒猫が「風(ふう)ちゃん」、キジトラが「空(そら)」ちゃん。
肉球の形の「29ぼた餅」。。。いつか必ず食したい!

●サード谷中ネコ@あかじ坂上から三崎坂に至る途中、午後3時すぎ頃
2008070311.JPG2008070312.JPG
「あっ、ネコ。。。」と思って立ち止まったら、
立ち上がってソロソロと近づいてきた愛想のいい子です。
頼んだワケでもないのに、アジサイの鉢の下に座ってくれました。
若干、日陰になってたからですよね。

●お寺ネコ@三崎坂途中、おおむね午後3時半
2008070313.JPG2008070314.JPG
キモチ良さそうに寝てました。。。
お寺の敷地内なので、立ち入らずに外から撮らせていただきました。

●お寺ネコ?@三崎坂途中「永久寺」、おおむね午後3時半
2008070316.JPG2008070315.JPG
コワモテのネコが描かれた石碑をみて、ついつい敷地に。。。
「仮名垣魯文(かながきろぶん)」という、幕末~明治初期の文人のお墓でした。
「猫々(みょうみょう)道人」と名乗っていたこともあるほどネコ好きだったらしく、
境内には飼い猫の供養塔もありました。

●だんだんネコその1@夕焼けだんだん、午後4時半ごろ
2008070317.JPG2008070318.JPG
2008070319.JPG
夕涼み、かな?これがホントの「夕焼けニャンニャン」というワケです。
クロネコは気品があって、神秘的で、美しいですよねぇ。
ネコ科動物特有のしなやかさが際立つ気がします。
大きい写真はネコも「だんだん」っぽく撮れてて、かなり好きな1枚。

●だんだんネコその2@夕焼けだんだん、午後5時近く
2008070320.JPG2008070321.JPG
ザ・野良、ザ・下町って感じの子ですが。。。
「だんだん」の上の方に、段ボールで作られたネコ用ハウスがありました。
地域の方が最低限の世話をしているようです。
もっとも、ネコには「お世話になってます」なんてキモチはないと思うけど!

というワケで、
なんとなくお気づきかもしれませんが、谷中のネコは近寄っても逃げないのです。
「人間は自分たちに危害を加える存在ではない」という情報が、
まるで脈々と受け継がれているかのよう。
ネコが安心して暮らせるような、クルマの入ってこない路地が多いからでしょうが、
きっと住んでいる方もネコを許容してきたのでしょうね。
お寺がたくさんあるし。。。穏やかなキモチにならざるを得ない感じ。
ネコがのびのびと暮らせているマチだから、ヒトにも心地良い。
それは日本人だけじゃなく、外国人にとっても同じだと思いますね。
夕焼けのように、すべての命をふんわり包み込むマチ。。。谷中。
「ネコ」を追いかけることによって、その魅力を再発見したような気がしました。

最後に、ネタばらし。
2008070322.JPG
目の保養に~と買っていた1冊「猫カフェめぐり」。
エンターブレインというカイシャから3月に出た本で、1200円。
谷中エリアの猫カフェが4軒のっていて、
「猫町カフェ29」を知ったのもこの本のおかげでした。
「猫カフェ」と言っても、ネコとふれあうのが目的ではなくて。
気づけばそこにネコが。。。というさりげないお店がイイんですよねぇ。
とにかく写真がキレイな本なので、
ネコ好きでカフェ好きな方はぜひお手にとってみてください。
ただし、紹介されているお店は首都圏エリア限定です。











nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。