So-net無料ブログ作成
検索選択

上野と四川を結ぶ生き物、それは。。。 [いきもののこと]

台風2号が通過していきました。
東寄りの進路をとってくれたおかげで影響は少なく、
雨・風ともにたいしたことはありませんでした。
台風の接近時期が年々早まってる気がするのは。。。私だけ?
そんなことより何より、大変なのはミャンマーのサイクロンです。
救援活動の進捗が思わしくないというニュースに心を痛めていたところに、
中国・四川省で大きな地震が発生。。。
四川省といえばパンダの故郷ということで、気が気でありません。
震源地は省都である成都の北西およそ100km。
パンダの自然保護地域である臥龍(がりゅう)への通り道だったと思うんですよね。
そのあたりから道路が未舗装になり、道幅も狭まって、
新しい建物もまったく見当たらなくなり。。。
思い出します、2004年9月末に訪れた際に目にした風景。
日本の大都市と変わらぬ成都の繁栄とは対照的な、
非都市区域の立ち遅れた暮らしぶりは衝撃的でありました。
ようやく建ってるような、廃墟にも見えるような家々。
環境への配慮や災害への対策なんか絶対にやってそうにない。
「大きな地震でもあったら、このへんの建物なんかひとたまりもないよね」
悪路を揺られながら、くまひこさんとそんな話もしました。
「土砂崩れで道が通れなくなったら、パンダの保護センターに戻るか!」
今となってはシャレにならないです。
保護センターのパンダたちの安否は?と暢気なことを言ってる場合じゃない。
まして、上野にはいつパンダが来るの?なんてことも。。。
中国政府への批判を一身に引き受けて世界を巡ってきたオリンピックの聖火、
まだゴールインしていないんですってねぇ。
この際だから今回は潔く中止した方がいいような気もしますが、
逆にこんな時だからこそ必要なのか?
大変な思いをしてやっと中国にやって来た聖火を消したくないか?
いや。。。増え続けてる死者の数や把握されていない被害の数を思うと、
コースの変更はした方がいいんじゃないかな~というのが個人的な意見。
ゴール地点はチベットの民にとって特別な山=チョモランマ。
地震があった四川省の西部山岳地帯にもチベット系の民族が住んでますからねぇ。
自然に対して人間は謙虚であるべきだし、
民族や宗教に優劣をつけず、多様性を許容してこその平和ではないか、と。
今回の地震で、ダライ・ラマさんサイドと中国政府の話し合いも頓挫するのでは?
そんなことをツラツラと思っています。
とにかく、ひとつでも多くの命が瓦礫のなかから救われますように。。。。

以下、5月3日の話を。
4月30日にパンダのリンリンが亡くなったばかりの上野動物園へ行きました。
あいにくの雨模様だったけれど、連休中に行けるのはこの日だけで。
パンダ舎内には来園者が持参したお花や果物などを供える台のほか、
記帳台が設けられ、メッセージや絵などを描く人々が列を作っていました。
動物園で亡くなっていく命は他にもたくさんあるだろうに、
やはりパンダは特別な生き物なんだな。。。としみじみ。
空っぽの屋外展示スペースの前に立った時は寂しさがこみ上げてきたけれど、
長生きでしたからね~、リンリン。
悲しみよりも感謝の気持ちの方が大きかったです。
上野動物園はおよそ1年半ぶりということで、
雨じゃなければ1日かけてぐるっと一周したかったんですけどねぇ。
写真も撮りにくいし。。。それ以前に私はカメラを持っていかず。。。
動物たちの動きもいまひとつでした。
プレーリードックは1頭しか外に出ていなかったし、
カピバラにいたっては1cmたりとも動かなかった!
盛り上がった唯一のポイントは「クマの森」だったでしょうか。
有名人(シモダカゲキ氏、昨日のブログ参照)と遭遇したせいもありますが、
すごくよく出来た展示エリアなんですよね。
特にエゾヒグマ。。。プールでバトルを始めて、それがガラスのすぐそばで!
子どもたちに混じって「うぉぉ!なんじゃこりゃあ~すげぇ!」と興奮しまくってましたね。
写真だとわかりにくいかなぁ?
2008051312.JPG
その他は、特に、何も。やっぱり動物園は晴れた日に限りますな。
ふれあいスポットも雨だとつまらないし。
パンダのいない上野?
いなくても十分に楽しめる動物園だとは思いますよ。
行動展示も随所に取り入れられているし、サイン類もわかりやすい。
でも、首都の動物園として、
あるいは日本の動物園界(?)を引っ張ってきた存在として、
希少動物であるパンダの繁殖研究にはぜひ取り組み続けてほしいな~と。
「こんなかわいい動物が、人間のせいで絶滅しかかってるんだよ」
その事実を子どもたちも知るべきだと思いますね。
ただ。。。ペアのレンタル料が年間1億円ってのは高いよなぁ。。。
パンダを迎えることに否定的な意見が出るのも、
「あんなの、いる所に行ってみればいいじゃないの」という都知事さんのコメントも、
冷静に考えてみれば頷けなくもない。。。けど、ウチはやっぱりWELCOME!です。
政治利用されてる側面について?
「いたしかたないでしょう」としか。。。パンダには何の罪も思惑もありません。
福田総理には「それはそれ、これはこれ」という態度で、
両国間の問題解決に臨んでほしいものですね。
上野というマチも、
常磐線や東北本線が東京駅まで伸びてしまったら活気がなくなる可能性が。。。
名だたるアートスポットと動物園が背中合わせになった不思議なマチとして、
このままの賑わいを保ち続けるためにも、
遠からずパンダがやってくることを願ってやみません。
まあ、来年以降に。。。なるのかな?

で。。。写真です。今回はくまひこさんのをお借りしました。
「あれ撮って」「これ撮って」と横ヤリばっかり入れてしまったのですが、
「望遠、弱いよ」と言いながらも気前よく撮ってくれましたねぇ。
ほんにありがたいことですわ。
2008051301.JPG2008051302.JPG
左:上野駅「ジャイアントパンダ」待ち合わせ場所。なんか貧相なんだよな。
右:駅と公園をつなぐ「パンダ橋」からの眺め。憲法記念日だったので騒然としてました。
2008051303.JPG2008051304.JPG
左:動物園のゲートの手前にリンリンの死亡を告げる看板が。。。
右:奥はゴリラ。手前はパンダ。今回初めて気づきました。
2008051305.JPG2008051306.JPG
左:ゲート。まだ11時前ぐらいだったので、入園はスムーズでした。
右:パンダ舎の屋内展示室。リンリン、花に囲まれて。
2008051307.JPG2008051308.JPG
左:感謝状は、来園者を長年にわたって楽しませてきたことに対してのもの。
右:記帳台の様子。すでに十数冊のノートが部屋の中に積まれていました。
2008051309.JPG2008051310.JPG
左:主のいない屋外展示場。ここにパンダがやってくるのはいつの日のことか?
右:タイから寄贈されたのだそうです。唐突に眩しくて、興ざめしちゃいました。
2008051314.JPG20080513145.JPG
左:帰りの上野駅構内にて。吊り下がっている広告は。。。パンダ?
右:読売新聞のでした。TVでもCMが流れてますね。
2008051316.JPG
都営地下鉄の日本橋駅にて。病んだパンダさんがいっぱい!

最後の2枚は、各自セリフでもつけて楽しんでいただけたら~と思います。
私なりのサンプルをつけておきますね。
まずはホッキョクグマ篇。
2008051313.JPG
「ああ。。。酔っぱらって電車で寝過ごして大宮まで来ちゃった。。。
タクシーで帰るか。。。給料前なのにな。。。」byしろくまひこさん。

次、バクさん篇。左がオス、右がメスです。
2008051311.JPG
ばくひこさん:「飲みすぎちゃった。。。水ぅ~」
ばくみみさん:「ふんっ!月曜から何やってんだか!」

ちなみにこれらのセリフ。
一部脚色してますが、我が家を舞台にしたノン・フィクションであります。失笑。

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 2

ado-chan

白熊のそんな姿、初めて見ますよ~。
面白い。
雨の動物園に一度行ったことがありますが
物悲しかったです(笑)。
シーンとしていて、別れ話をするのにはいいかもしれない。コラッ。
by ado-chan (2008-05-14 16:45) 

たれみみ

実はこのホッキョクグマくん、
上のほうから冷たいミストをかけてもらっていて。
セリフとしては「ほぇぇ。。。朝ミスト最高スね。。。」が正解。
時々うっとりと目を閉じたりしてましたよ。
それにしてもこの座り方、イヌっぽいというか猫っぽいというか。
かなり笑えますよね。

雨の動物園、確かにドラマのにおいがします。
晴れてる動物園にいるカップルは「初期」な感じなのに、
雨だと「後期」にみえるかもしれませんね~。


by たれみみ (2008-05-15 11:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。